« 「皆にそう言われる」 | トップページ | 「あらら、見えた」 »

2020年12月27日 (日)

「お刺身が食べたい」

2年前の2018年12月27日は木曜日、晴れて日差しがまぶしい日でした。

母はいつもと同じ場所にいて、久しぶりに緑色の帽子を被っていました。

この日は午前中に入浴をして、その他にはダルマの顔を描いたと話していました。

この日に面会室で話した主な内容は、食事についてのことでした。

以前から25日ごろに食事が変わると聞いていて、母は楽しみにしていました。

私が面会に来る前に栄養士の方が話に来て、何かを増やすと言われたと母は言っていました。

この時点で私は施設での食事を見たことがなかったのですが、とりあえずお粥ではなくなっているようでした。

本人に希望を尋ねてみると「お刺身が食べたい」とのことでしたが、さすがに生ものは出さないだろうと思いました。

ただ、母はこの時点で91歳です。

母の楽しみの一つは食べることでしたから、個人的には好きなものを好きなだけ食べて欲しいと思っていました。

やむを得ないことではありますが施設での食事は融通が利かない点もあり、これ以後も、母も私も残念に思うことが何度かありました。

« 「皆にそう言われる」 | トップページ | 「あらら、見えた」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「皆にそう言われる」 | トップページ | 「あらら、見えた」 »

最近の写真