« 息苦しそうな話し方 | トップページ | 母の第二の人生 »

2020年11月 1日 (日)

顎下のたるみ

2年前の2018年11月1日は木曜日で、母は午前中にお風呂に入ったと言いました。

入浴の前には、看護師さんがお腹の写真を撮影していたと教えてくれました。

前日看護師さんが気になると話をしていた、母のお腹のふくらみを撮影したのだと思われます。

長年インシュリンの注射をしていたところなので、その影響ではないかと私はお答えしたのですが。

また、体調のことでは便通がまだないというので、持参したヤクルトを久しぶりに飲ませてあげました。

この日それ以上に気になったのが、顎下のたるみが大きくなってきたことです。

1週間ほど前からたるみが目立ってきて、カロリーオーバーで太ってきたのかと当初は思いました。

ただ、同じころから息苦しそうな話し方をするようになってきて、関係があるのかなと思い始めました。

この日は話をしていても、どこかゼイゼイするような感じがするので深呼吸をさせてみました。

せき込むことはありませんでしたが、のどの奥がヒューヒュー鳴る感じがしました。

結局、上半身にもむくみが出ていたのだろうということが後で判りました。

前夜はのどが渇いたので、職員さんを呼んで吸い飲みで水を飲ませてもらったと話していました。

今から思うと、これもむくみと関係していたのかもしれません。

« 息苦しそうな話し方 | トップページ | 母の第二の人生 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息苦しそうな話し方 | トップページ | 母の第二の人生 »

最近の写真