« 2年後も胸騒ぎ | トップページ | 4か月間通院なし »

2020年11月 6日 (金)

「明日から寂しいね」

2年前の2018年11月6日の面会時、母はいつもの場所にいました。

母の前のテーブルの上には紙のサンマが置いてありました。

母の隣の人はカニで、前に座っている人は鯛のようでした。

話を聞いてみると、実習に来ている看護学生の人たちと釣り大会をして、気に入った魚を各人がもらったということでした。

午前中のリハビリにも看護学生が一人、付き添って来てくれたそうでしたが母は「おかげで緊張した」と話していました。

リハビリは短めで時間が余ったので窓を開けてベランダに出てみると、涼しい風が吹いていたと教えてくれました。

リハビリの先生から「今日はかなり足がむくんでいる」と言われたそうで、母も「足が硬くて痛かった」と言っていました。

足を始めとしてむくみが目立ち、息苦しそうな話し方をすることは非常に心配でしたが、声自体には元気があり、その他の体調は良さそうでした。

前夜は看護学生の一人が担当になってベッドメイキングなど、お世話をしてくれたそうです。

その看護学生の人たちはこの日が最後だとのことでした。

「明日から寂しくなるね」私が言いますと、母は「うん、寂しいね」と、しんみりしていました。

« 2年後も胸騒ぎ | トップページ | 4か月間通院なし »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2年後も胸騒ぎ | トップページ | 4か月間通院なし »

最近の写真