« 母の第二の人生 | トップページ | 「それくらいできる」 »

2020年11月 3日 (火)

「月曜日だ」

2年前の2018年11月3日、祝日で特に行事もなく母はまったりと過ごしていました。

この日も室内は暑いのでカーディガンを脱いで、いつもの場所で腕を組んで居眠りをしていました。

話を聞くとこの日は便通がよく、まだ出たいくらいだと言っていました。

話し始めると、ここ数日と同じように息苦しそうな話し方に聞こえました。

そのため、母が苦手だという深呼吸を練習してみました。

深呼吸をした後は少し声の出方が良くなったように感じられました。

また、足のむくみは相変わらずある程度ありますが、眠る前によく揉んでいるとのことで「痛くはない」とのことでした。

室内が暑く乾燥していることもあって、持参した冷水を3口ほど美味しそうに飲みました。

久しぶりにカレンダーを見せると「月曜日だ」と、母は自分の誕生日の19日を見つけて叫びました。

この日も話し出すと元気なのですが、のど鳴りのような音が聞こえることと息苦しそうな発声が気になりました。

肺の問題とか、気道が狭くなっているのかなどと、当時は考えたものでした。

4時30分頃からは夕日が沈むところを窓辺で一緒に見て、母は「すごいね」「早いね」と感嘆の声を上げていました。

2018年11月

« 母の第二の人生 | トップページ | 「それくらいできる」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 母の第二の人生 | トップページ | 「それくらいできる」 »

最近の写真