« 徐々に体調の不安 | トップページ | 「今日は何もやらないよ」 »

2020年10月 6日 (火)

「諦めが肝心だよ」

2年前の2018年10月6日はお昼に姪が面会に行ってくれました。

いつものように午後4時に面会に行くと、母は別室で一緒にお昼を食べながら話をしたことを報告してくれました。

その際に曾孫の写真を眼鏡を掛けて見たそうで、はっきり見えて「かわいいね」と感想を一言いました。

次にリハビリの話になり、この朝久しぶりに行って足が少し痛くなったとのことでした。

ただ、昨夜も今朝も足に痛みは感じなかったとも言っていました。

内容は、つま先立ちを3回、次に伝い歩き、最後は歩行器もやりましたと。

その後、リハビリの先生が話に来て、来週からリハビリは週に1~2回に減るので、代わりにフロアで歩行の練習をやりたいとのことでした。

他には2~3日前に入所したおじいさんの話をしてくれました。

そのおじいさんはしきりに帰りたがっているそうですが、「諦めが肝心だよ」と、母が良いアドバイスをくれました。

冗談か本気か、なんとも言えませんが……。

« 徐々に体調の不安 | トップページ | 「今日は何もやらないよ」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 徐々に体調の不安 | トップページ | 「今日は何もやらないよ」 »

最近の写真