« リハビリでお疲れ | トップページ | 「私が落ちた時以来だ」 »

2020年9月30日 (水)

「ウチにも一人欲しいね」

母は若いころから腎臓を悪くして、多くの薬を服用していました。

また、70歳を過ぎたころからは糖尿病を患い、食前にはインシュリンの注射を打っていました。

そういう状況から、母はそれほど長生きできるとは考えていなかったようです。

90歳を迎えた時には「90まで生きるとは思わなかった」と話していました。

曾孫と初めて会った時は「まさか曾孫の顔を見られるとは思わなかった」とも言っていました。

その曾孫の子は施設にも2度遊びに来てくれました。

2度目は母が最後の入院をする一か月ほど前で、その時は母が贈った誕生日プレゼントの鉄道模型を持ってきて、母と一緒に遊んでくれました。

母はとても嬉しそうに「カワイイ、カワイイ」としきりに言っていました。

「ウチにも一人欲しいね」そんなことも言っていたことを思い出しました。

2019年10月16日撮影

« リハビリでお疲れ | トップページ | 「私が落ちた時以来だ」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リハビリでお疲れ | トップページ | 「私が落ちた時以来だ」 »

最近の写真