« 『お粥パン』 | トップページ | 「あなたは女神だ」 »

2020年9月 6日 (日)

「あき」「とんぼ」

2年前の2018年9月6日は木曜日で、母が入浴する予定の曜日だったので少し遅めに面会に行ってみました。

行ってみると、母はいつもの場所でおやつを食べているところでした。

やはり少し前までお風呂に行っていて、おやつが遅くなったとのことでした。

母がおやつを食べている間、9月3日に書いたという習字を見てみました。

前日に母が「恥ずかしくて見られない」と言っていた作品です。

「あき」「とんぼ」の2枚が壁に貼ってありました。

確かに少し筆が乱れた感じはありますが、借りた筆で急に書いたものでもあって、それは仕方のないところでしょう。

母に「少し筆が乱れた?」と尋ねると「急いで書いたからね」と言っていました。

母としては、同じ習字をするにしても、もっと腰を落ち着けてじっくり書きたいようでしたが、施設ではなかなかそうもいかないようでした。

それと後になって分かったことですが、もう一つ落ち着いて書けない理由がありました。

そのことについては機会があれば改めて書いてみたいと思いますが、本人は不満でも母の作品は、2か月前まで入院していた人が久しぶりに書いたものとしては良い出来栄えだと思いますが、どうでしょうか?




« 『お粥パン』 | トップページ | 「あなたは女神だ」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『お粥パン』 | トップページ | 「あなたは女神だ」 »

最近の写真