« 施設の立地 | トップページ | 自然な笑顔 »

2020年8月 4日 (火)

幻の二回目

昨日も書きましたように、母の施設での生活はまずまず良かったと、私は思っています。

タイミングよく入所できたこと、病院と隣り合わせの施設であることだけでも良かったと思います。

ただ、もし家に帰ることになっていたらどうだったか、ということは今でも考えることがあります。

当時は骨折入院後に家での介護に失敗したことから、私としては家での生活はできれば避けたいと思っていました。

母は入所直前のまだ入院中の時に「家の様子を見てみたいな」と話していました。

骨折の時とは母の精神状態が全く違っていましたから、二回目は上手くいったかもしれません。

実際に施設が決まるまでは私も、家での介護も考えるべきかな、とも考えていました。

ただ、その場合は二度と失敗ができないとか、母の精神状態が変わるかもしれないなどのプレッシャーがありました。

いずれにしても母は、家の様子を見ることなく亡くなってしまいました。

さまざまな状況を考えると、家での介護は少し難しかったでしょうが、家の様子だけは見せてあげたかったな、と思っています。

« 施設の立地 | トップページ | 自然な笑顔 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 施設の立地 | トップページ | 自然な笑顔 »

最近の写真