« 『お風呂バッグ』 | トップページ | 「寝ながら考えた」 »

2020年8月18日 (火)

「習字をもっとやりたい」

2年前の今日、2018年8月18日は面会中に施設のケアマネージャーと話をする機会がありました。

入所して一か月半ほどが経過して、母はすっかり施設での生活になじんでいました。

そのことはケアマネージャーも知っていて、さらに母の情報や希望などを知りたいということでした。

私も母の率直な気持ちを聞いてみるのに丁度いいと思いました。

母の希望は「習字をもっとやりたい」ということでした。

ケアマネージャーの答えは「10月に作品展がありますが、現状は人員の関係で習字は月1回程度」とのことでした。

また、母は「男性のトイレの世話は最初恥ずかしかったが、皆いい人で良かった」と話していました。

そういえば、私以外の男性に介護されるというのは、施設が母にとって初めてのことでした。

そういうことも介護する立場、される立場で結構重要なことかもしれません。

その他では、当時の母の心境としては、家に帰るよりも希望すれば施設にいられるかどうか、を気にしている感じでした。

入所前に老健について、家に帰る前に三か月くらいリハビリをするところ、というような説明をしていたので不安があったのかもしれません。

いずれにしても、このころは体調も良いからか、毎日元気で施設での生活にも満足しているようでした。

« 『お風呂バッグ』 | トップページ | 「寝ながら考えた」 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『お風呂バッグ』 | トップページ | 「寝ながら考えた」 »

最近の写真