« 順調な滑り出し | トップページ | 面会の仕方 »

2020年7月10日 (金)

お習字の時間です

2018年7月10日、私の姉が初めて施設に母の面会のために来てくれました。

母が施設に入所して、ちょうど一週間になっていました。

施設での生活は病院とは違って忙しく、車椅子に乗っていることが多いこともあって、母はこの日も少し疲れ気味に見えました。

それでも姉が来てくれたことで、母はいつも以上に一生懸命、楽しそうに話をしてくれました。

この日は、いきなり「お習字の時間です」と言われて驚いたこと。

「筆が良くなかった」と言いながらも「いきなり書いた割には上手く書けた」と大笑いしながら自画自賛していました。

その他の話題としては、リハビリをして「腕にも大分筋肉がついてきた」こと。

他にも「おやつにどら焼きが出た」「ドラム缶のようなお風呂に入った」「食事はまぁ美味しい」など、姉に話していました。

帰りに母が書いた習字の作品を見ましたが、久しぶりとは思えないほど良く書けていました。

おそらく母にとって毛筆で書くのは10年ぶりくらいかと思いますが、腕に力が戻ってきたしっかりとした字でした。

確かに自画自賛するのもおかしくない出来栄えでした。

今後も、このような感じで施設での生活を楽しんで欲しいな、と思いました。

« 順調な滑り出し | トップページ | 面会の仕方 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 順調な滑り出し | トップページ | 面会の仕方 »

最近の写真