« 健康保険が使えない | トップページ | 止めていたインシュリン注射 »

2020年7月 7日 (火)

「何かというとご飯を食べる」

母が施設に入所した翌日、2018年7月5日は15時45分に面会に行きました。

母は「ここは広くて迷子になりそうだ」と一日過ごした感想を言ってくれました。

この日は午前10時からリハビリをしたとのことでした。

「リハビリルームも広い」とか。

内容はこれまでの復習のようなことで「結構できていますね」と、女性の先生が言ってくれたそうです。

「前の先生がうるさかったから、良くできているんだね」と母の見解です。

またこの日は木曜日で、月曜日とともに入浴が予定されている日でした。

お風呂の前後には看護師さんが、念入りに肌を見てくれて、手入れをしてくれたとのことでした。

その他のことで母が一番熱心に話したのが食事のことでした。

「何かというとご飯を食べる」「短い時間に食事、食事で大丈夫かと思う」と言っていました。

確かに三度の食事以外におやつもあって、頻繁に何かを食べている印象だったようです。

それでも「おかずが少ないけど、味付けが凝ってる」「こちらの方が美味しい」などとも言っていました。

この日は、慣れない場所に戸惑いながらも記憶もしっかりしていて、落ち着いた声で話をしてくれました。

入院していた前日までと違って、忙しさで疲れているはずですが、変わらずに元気でしたので安心しました。

« 健康保険が使えない | トップページ | 止めていたインシュリン注射 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康保険が使えない | トップページ | 止めていたインシュリン注射 »

最近の写真