« ポータブトイレ | トップページ | 自然な笑顔 »

2020年6月21日 (日)

3時に息子が来る

2018年6月21日は午後3時20分頃、面会に行きました。

母はべッドに仰向けで寝ながらラジオを聴いていました。

挨拶をすると、こちらを見て、すぐに話し始めました。

少し前までナースステーションで何か作業をしていて、「3時に息子が来るから戻る」と言って、戻って来たとのことでした。

そのようないつもの流れも理解できるようになり、意識はほとんど回復してきました。

その他にも、「足にできものができた」。

ポータブルトイレは「すごくいい」。

食事は「おかゆなのが今一つだけど、おいしかった」などと、いろいろ報告してくれました。

リハビリも「手を離して立っているのは怖いけど、段々出来るようになった」と、自信が出てきたようでした。

先生は「この前出来たから出来る」というけど、自分ではやった覚えがないとのこと。

「いつも一生懸命で必死だから、わからないうちにやっているらしいね」と、笑顔で楽しそうに話していました。

「だから、リハビリから帰って来ると、ぐっすり寝ちゃうんだね」とのことでした。

面会時に寝起きでボーッとしていることがあるのは、こういう理由のようです。

この日は30分ほど元気に話し続けてくれました。

そろそろ帰ろうとすると、家のことを話題に出し始めました。

元気になってきたこともあって、退屈で寂しく、家に帰りたいという気持ちが出てきたように感じました。

« ポータブトイレ | トップページ | 自然な笑顔 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポータブトイレ | トップページ | 自然な笑顔 »

最近の写真