« お別れの挨拶? | トップページ | 記録の大切さ »

2020年6月12日 (金)

昼夜逆転

2018年6月12日、姉が面会に来てくれました。

姉が看護師さんと話したところによれば、母は話が面白くて、かわいい、と言われたとのことでした。

面会時は寝ていたり元気がないことも多いですが、時間によっては看護師さんたちと楽しく話をすることもあるようです。

この日もリハビリに行き、昼食は食堂まで行って食べたとのことでした。

そのために疲れたのか、夕方の面会時は寝ていました。

「また来たよ」と言いながら手を握ると「ありがとね」と答えてくれました。

「もう夕方だよ」というと「あら、また怒られちゃう」と言いました。

聞いてみると、昼夜逆転することがよくあって、夜寝ないので怒られるとか。それで面会時に寝ていることも多いようです。

この日も話をしているうちに段々と元気になってきました。

リハビリに行って竹を持ったとか、あまりできなかったとか、思い出しながらよく喋ってくれました。

この頃は意識はだいぶ回復してきましたが、体力がまだついてきていないような状況だったと思います。

食事も毎回完食とはいかないまでも、徐々に食べられるようになってきていたようです。

本人もリハビリや食事に意欲が出始めてきた頃でした。

« お別れの挨拶? | トップページ | 記録の大切さ »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お別れの挨拶? | トップページ | 記録の大切さ »

最近の写真