« 介護保険を使う | トップページ | エアコンの風 »

2020年5月 7日 (木)

幸せな人生

人は必ず死にます。そして残された者は寂しい思いをします。

亡くなった人の人生が幸せだったかどうか、残されたものが色々と考えます。

一般的には、社会的・経済的に成功すれば幸せな人生だったといわれるように思います。

では、母の人生は幸せな人生だったといえるのでしょうか?

私が最近思うのは、人生はそれなりに長く、その中で起こることのすべてが幸せであるわけはないということ。

ただ、その長い人生の中で幸せを感じる時間が数多ければ、それなりに楽しい人生だったと言えるのではないかということです。

つまり幸せという言葉は、人生という長い時間よりもどちらかと言えば短い時間に、より当てはまるのではないかと思っています。

母について言えば、施設に入ってからは明るく、楽しそうに日々を過ごしていました。

ずっと家にいたとしたら、平凡な日常を過ごし、そのまま人生を終えていたかもしれません。

それに対して、施設での母は生まれ変わったような笑顔を見せてくれました。

そんな姿を見ていた私は、間違いなく母は幸せな時間を数多く積み重ねることができたのだ、と確信しています。

« 介護保険を使う | トップページ | エアコンの風 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 介護保険を使う | トップページ | エアコンの風 »

最近の写真