« 栄養不足 | トップページ | 再び入院 »

2020年5月23日 (土)

下の世話

今日も2年前のことです。

2018年5月23日、母の状態はさらに元気がなくなり、食事とトイレ以外は寝ていました。

当時は食前にインシュリンの注射をしていましたので、本人も食事の大切さが分かっていて、食事は少しずつでも食べていました。

この日はお昼前に「トイレに行きたい」というので連れて行くと、すでにオムツの中でウンチが背中までべったりと付いていました。

こういうことは初めてでしたので、何をどうしたのかよく覚えていませんが、ビニール手袋とタオルをたくさん捨てたことだけは覚えています。

私が母の下の世話をしたのは、この時が最初で最後でした。

そういう意味では私がした母の介護は、この時期以外は比較的楽な方だったかと思います。

その後、訪問看護の看護師さんが来てくれましたが、その間も寝たままでした。

結局、この日も夕食後、間もなくベッドに入り、しばらくはシクシク泣いているようでした。

« 栄養不足 | トップページ | 再び入院 »

介護・医療」カテゴリの記事

母の思い出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 栄養不足 | トップページ | 再び入院 »

最近の写真