経済・政治・国際

2020年8月 9日 (日)

コメンテーターと空気

 安倍晋三首相は9日、長崎市で記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大が続く現状でも、観光支援事業「Go To トラベル」を推進する考えを表明した。観光事業者と観光客の感染防止策徹底を前提に「安全、安心な旅のスタイルを普及、定着させたい」と述べた。お盆時期の帰省は「一律の自粛を求めない」とした上で、3密(密閉、密集、密接)の回避や大勢の会食を控えるよう要請した。
 感染再拡大に伴う緊急事態宣言については「できる限り、再宣言を避ける取り組みを進めていかなければならない」と強調した。
[2020年8月9日 共同通信]
安倍首相はお盆の帰省に関して自粛を求めないが、3密の回避や大勢の会食は控えるようにと要請したとのことです。最近の政府の発言から思うのは、この人たちは政府の言う感染防止対策を国民が守れば新型コロナは終わる、と本気で考えているようだということです。このごろテレビでも「検査をしても当てにならない」などと普通に言うコメンテーターまで出てきました。確かに検査が当てにならなければ対策の打ちようもありません。どうも、何もしないことを擁護するコメンテーターと、感染者は対策を守らない不届き者という空気で乗り越えようとし始めた感じがします。

| | コメント (0)

2020年8月 8日 (土)

帰省も自粛

 お盆休みの帰省シーズンに入った8日、新幹線や空の便、高速道路では例年と異なり、激しい混雑はなかった。新型コロナウイルスの感染は収まる様子がない。古里の家族に元気な顔を見せようと帰省を決めた人たちは、感染予防に気を配りながらの移動となった。
 空の便は減便が続き、予約も低調。羽田空港のターミナルビルはあちこちに消毒液が置かれている。
 8日午後も各新幹線に混雑はなかった。東海道新幹線下りは東京駅出発時点の自由席乗車率は高くても50%にとどまった。東北、上越、北陸新幹線では5~10%と空席が目立つ列車が多かった。
[2020年8月8日 共同通信]
今年はお盆の帰省も自粛ムードです。今の感染者の広がりからすると、多くの人たちは今年は止めておこうと思うでしょう。いわゆる自粛警察などもうるさいですから。それだけ危機感を持っています。反対に政府はいまだに「GoToキャンペーン」を止めません。これはやはり、新型コロナを甘く見すぎているんじゃないの? 

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

分かりにくい指標

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は7日、会合を開き、都道府県が対策を強化する際の判断材料となる指標をまとめた。「病床の逼迫具合」や「検査の陽性率」などの6項目からなる。指標ごとに設けた数値を参考に、都道府県が感染状況を見極め、感染が急激に広がる予兆を捉えた場合は対策を強化するよう求めている。
 地域の感染状況はステージ1~4の4段階に区分するよう提案。尾身会長は記者会見で、感染者が急増する「ステージ3」以降に当たる場合は「太陽でなく北風的な施策の実施も必要だ」と話した。
[2020年8月7日 共同通信]
分科会が指標をまとめました。この指標を参考にして都道府県が対策を考えるそうです。指標が6項目あり、それぞれにステージが4段階あるので非常に分かりにくいです。そもそも対策も、三密を避けるとか、営業時間の短縮というものですから、どの程度効果があるのかも分かりません。分科会としては「やってる感」を出しているのでしょうが、今頃になってもこの程度か、という感じがします。ちょっと甘く見すぎじゃないの?

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

考えているが、やるとは言っていない

安倍晋三首相は6日の広島市での記者会見で、新型コロナウイルスを巡る政府対応に関し「(今後)節目、節目において会見を考えている」と述べた。司会者が会見打ち切りを宣言したが、記者側から6月18日以降、会見を実施していない理由を追加質問でただされ、約束した格好だ。
 首相は「今回もコロナ感染症について割と時間を取って話をさせていただいた」と力説。「日々、西村康稔経済再生担当相、菅義偉すがよしひで官房長官からも話をしている」と理解を求めた。
 会見開始から約15分後、記者側が「まだ質問がある」と訴えたが、司会者が「予定の時間を過ぎており、これで終了させていただく」と繰り返した。記者がなおも「国民の不安が高まっている。どうして50日間も会見を開かないのか」などと質問し、首相が答えた。
[2020年8月6日 共同通信]
安倍首相が広島で記者会見をしました。司会者が15分で会見を終了しようとしたところ、記者からどうして50日も会見がないのか、という声が上がりました。その答えが「(今後)節目、節目において会見を考えている」というものだったということです。この記事では、今後の会見が約束されたかのように書いていますが、首相の答えは「会見を考えている」です。
そもそも安倍政権が使う言葉は普通の日本語とは違うものも多いので、いちいち意味を確認するべきだと思いますが、特に今日の答えは「考えている」ですから、やるとは言っていないし、ましてや約束などしていないと受け取るべきではないでしょうか?

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

会議前の会見

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日、お盆休みにおける帰省の在り方について記者会見し、十分な感染症対策をとってほしいとした上で、対策が難しい場合には「帰省はできれば控えていただきたい」との見解を明らかにした。
 尾身会長は、帰省をする場合には手の消毒や大声を避けるなど基本的な感染防止対策を徹底してほしいと説明。「特に大人数の会食を避けてほしい」と述べた。政府に対し、国民にメッセージを出すよう求めた。
 政府は今週後半に分科会を開き、注意喚起のあり方などについて議論する予定だった。
[2020年8月5日 共同通信]
政府の分科会が今週末に開かれる予定だそうです。それならば会長はその時に会議で発言すればよいはずです。それにもかかわらず会長はその前に記者会見しました。これを普通に考えれば、会議での発言はなかったことにされかねない、という危機感があるからでしょう。議事録を残さない安倍政権。その危うさに尾身会長もやっと気が付いたということですか。遅すぎますが。

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

重症者増加

 東京都は4日、新型コロナの感染者が新たに309人報告されたと明らかにした。都内の感染者数は8月も高水準で推移し、悪化傾向に歯止めがかからない。直近7日間の平均で1日当たりの感染者数は約344・4人。累計では1万4022人となった。重症者は22人で3日時点から7人増加した。
 都によると、新規感染者のうち、年代別では20代の130人と30代の63人で62%。40~60代は計79人、70代~90代は計23人、10代以下は14人だった。
 都内では7月下旬以降、感染者数が300~400人台の日が目立ち、今月1日には過去最多の472人に上り、3日は258人だった。
[2020年8月4日 共同通信]
今日東京都が報告した新型コロナの感染者は309人でした。火曜日としては過去最多の数です。今日は特に重症者が7人増加しました。徐々に高齢者の感染者が増えてくれば重症者はさらに増えることが予想されます。このまま何の手も打たなければ悪化の一途をたどります。そもそも新型コロナを甘く見すぎているんじゃないの?

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

検査第一

東京都内では3日、新型コロナウイルスの感染状況の悪化を踏まえ、酒類を提供する飲食店と、カラオケ店に対して都が今月31日まで要請している午後10時までの時短営業期間に入った。外食大手の多くが時短営業する一方、感染予防の効果に疑問があるとして応じないチェーンもある。
 都は全面的に要請へ応じた中小事業者には20万円の協力金を支払うが、家賃や人件費の負担をカバーできるとは言えず、さらに飲食業界やカラオケ店の経営悪化に拍車が掛かる恐れがある。都内では感染者数が今月1日に過去最多の472人に上り、3日も新たに258人の感染者が報告されて悪化傾向に歯止めが掛からない。
[2020年8月3日 共同通信]
相変わらず新型コロナ感染状況が悪化の一途です。ほとんど対策が打たれていませんから、当然と言えば当然です。そこで東京都は今日から飲食店とカラオケ店に対して、午後10時までの時短営業を要請するとのことです。ただ、経済的な問題や効果が疑問だとして、従わない店も出てきそうだ、とのことです。そもそも新型コロナの感染者が来店しなければ問題はないのです。検査、検査、検査ですね。

| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

高い緊張感を持って注視

 西村康稔経済再生担当相は2日の記者会見で、今月のお盆の帰省に関し、高齢者に新型コロナウイルスの感染が広がる恐れがあるとして「慎重に考えないといけないのではないか」と述べた。今週にも政府の新型コロナ感染症対策分科会を開き、注意喚起の在り方などを議論する意向を示した。
 政府は現時点では、都道府県境をまたぐ移動を一律に自粛することは求めていない。西村氏は感染防止対策を徹底した上で、通常の家族旅行に問題はないと説明。ただ、実家への帰省の場合は重症化リスクが高い高齢者との接触が増えるケースが多いと懸念した。休業要請は「知事の判断でやっていただく」と語った。
[2020年8月2日 共同通信]
家族旅行は問題ないが、お盆の帰省は慎重にしろと。休業要請は知事の判断でやれと。つまり、何もしないが心配はしているということです。これがいわゆる「高い緊張感を持って注視している」ということでしょうか?これじゃ、一般人と変わらないね。

| | コメント (0)

2020年8月 1日 (土)

3日連続で過去最多

東京都は1日、新型コロナウイルスの感染者が新たに472人報告されたと明らかにした。7月31日の463人を超えて過去最多を3日連続で更新。8月に入っても悪化傾向の深刻化が続く。

 7月は都内の感染者数がほぼ3桁で推移し、下旬には初の300人台に上る日も出た。1カ月の合計6466人は月ごとの最多となり、累計感染者数の半数超を占めた。

 都は警戒度を4段階の指標で最も深刻な「感染が拡大している」に位置付け、小池百合子知事は酒類提供の飲食店やカラオケ店に今月3日から31日まで午後10時までの時短営業を要請している。
[2020年8月1日 共同通信]
472人という数字に大した意味はありませんが、新型コロナウイルスの蔓延がまだまだ続いていることは確かなようです。都は警戒度を最も深刻なものに位置付けていますが、対策は酒類提供の店舗の時短営業くらいのものです。警戒度の割に対策が甘すぎるように感じるのは、私だけでしょうか?そもそも、新型コロナウイルスを甘く見すぎなんじゃないの?

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

緊張感なし

国内の新型コロナ感染者は31日、新たに1469人が確認されて1日の感染者の最多を更新した。更新は4日連続。東京で初の400人超えとなったほか、大阪は200人を超え、愛知と福岡は100人を超えた。
 これまでの感染者は計3万6218人となった。クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの乗客乗員を含めると感染者は計3万6930人。死者は千葉、埼玉、福岡でそれぞれ1人増えて、計1023人となった。
 東京は最多だった30日の367人から大幅増の463人。大阪は216人。名古屋市、福岡市はそれぞれ100人を超えるなど都市部での広がりが目立った。沖縄は71人、兵庫62人。
[2020年7月31日 共同通信]
いよいよ大変なことになってきました。自治体によっては何らかの対策をしているところもありますが、そもそも政府が何もしませんから、国民に第一波の時の緊張感がありません。ちょっと甘く見すぎなんじゃないの?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧