« 大阪で55人の死者を発表 | トップページ | 5月13日の新型コロナの状況 »

2021年5月12日 (水)

大阪の死者数50人

このブログでは以前から新型コロナについて、しつこく注目しています。

さて、5月12の新型コロナの状況です。午後6時45分現在、新規感染者確認数は6994、死者数は93

また、このブログでは昨年の9、10月に大阪の死亡率の高さに対して警鐘を鳴らしました。当時から感染者数が多い東京の2倍ほどの死亡率でした。

その大阪では今日も50人の死者数が発表されていますが、政府の会議の資料によると、人口100万人当たりの死者数はインドが15.5人に対して、大阪は19.6人とのことです(5月5日時点)。ちなみに東京は1.4人です。

テレビでは「日本全国、どこが大阪のようになっても不思議ではない」と言われています。確かにその通りなのですが、なぜ大阪が最初にこのような状況になったのか、なぜ大阪は以前から死亡率が高かったのか、という原因を解明しなければ解決策は見つからないでしょう

このブログでは2020年7月29日以来ずっと言っていますが、そもそも新型コロナを甘く見すぎていたんじゃないの?

そして未だに甘く見ているんじゃないの?

|

« 大阪で55人の死者を発表 | トップページ | 5月13日の新型コロナの状況 »

新型コロナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪で55人の死者を発表 | トップページ | 5月13日の新型コロナの状況 »