« クラスターの影響 | トップページ | 厚かましい内閣 »

2020年8月21日 (金)

もうワクチンの話

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は21日、高齢者、持病のある人、診療に当たる医療従事者を優先してワクチンを接種するべきだとの提言をまとめた。死者や重症者を減らし、医療崩壊を防ぐため、リスクが高い人や医療従事者を優先する。救急隊員や保健所職員、妊婦を含めるかどうかはさらに議論する。

[2020年8月21日 共同通信]

新型コロナに対するワクチンができたら高齢者や持病のある人などに優先して接種してもらう、当然それでいいでしょう。問題なのは、そのワクチンは安全か?また、そもそもワクチンはできるのか?ということです。それ以前の話として、分科会が今、ワクチンについて議論する必要があるのかという気がします。今すべきテーマは他にあり、少し甘く見すぎているんじゃないの?

|

« クラスターの影響 | トップページ | 厚かましい内閣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クラスターの影響 | トップページ | 厚かましい内閣 »