« 考えているが、やるとは言っていない | トップページ | 帰省も自粛 »

2020年8月 7日 (金)

分かりにくい指標

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会(尾身茂会長)は7日、会合を開き、都道府県が対策を強化する際の判断材料となる指標をまとめた。「病床の逼迫具合」や「検査の陽性率」などの6項目からなる。指標ごとに設けた数値を参考に、都道府県が感染状況を見極め、感染が急激に広がる予兆を捉えた場合は対策を強化するよう求めている。
 地域の感染状況はステージ1~4の4段階に区分するよう提案。尾身会長は記者会見で、感染者が急増する「ステージ3」以降に当たる場合は「太陽でなく北風的な施策の実施も必要だ」と話した。
[2020年8月7日 共同通信]
分科会が指標をまとめました。この指標を参考にして都道府県が対策を考えるそうです。指標が6項目あり、それぞれにステージが4段階あるので非常に分かりにくいです。そもそも対策も、三密を避けるとか、営業時間の短縮というものですから、どの程度効果があるのかも分かりません。分科会としては「やってる感」を出しているのでしょうが、今頃になってもこの程度か、という感じがします。ちょっと甘く見すぎじゃないの?

|

« 考えているが、やるとは言っていない | トップページ | 帰省も自粛 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 考えているが、やるとは言っていない | トップページ | 帰省も自粛 »