« 数字は減少だが…… | トップページ | 凄いニュース »

2020年8月25日 (火)

理念云々

 希望の党幹事長を務めた行田邦子元参院議員が自民党に入党していたことが25日分かった。関係者によると、選挙区だった埼玉の自民党県連から入党を模索したが県議らの反発があったため、入党を推薦した野田聖子元総務会長の地元、岐阜県連を通じて手続きを取った。
 4月に二階俊博幹事長へ入党希望を伝えていた。行田氏は2007年参院選に民主党から出馬し初当選。17年に旧希望の党結成に参加し、18年の解党後、新たにつくった希望の党の幹事長に就任した。19年7月の参院選には出馬せず、翌月の埼玉県知事選立候補のため離党したが、体調不良で出馬を取りやめた。
[2020年8月25日 共同通信]
希望の党幹事長を務めた方が自民党に入党していたというニュースです。個人的には誰がどの党に移ろうと構わないと思います。ただ、マスメディアでは、野党の合流などには厳しい目が向けられます。やれ野合だとか、数合わせだとか、選挙目当てだとか。これも別に構わないと思いますが、どうも野党は理念が一致しないと一緒になってはいけないような雰囲気です。ところが、自民党にはいつの間にか他の党から移ってきています。理念云々は一切問われずに。

|

« 数字は減少だが…… | トップページ | 凄いニュース »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 数字は減少だが…… | トップページ | 凄いニュース »