はじめに

2019年12月20日、母が亡くなりました。92歳でした。

 

2015年11月、私は自宅で母を介護するために離職し、その後母は足の骨折などを経て施設に入りました。

その間4年ほどの時間が過ぎたはずなのに、告別式が終わった時に感じたのは「すべては幻だったのではないか」ということでした。

それは不思議な感覚でした。

母が入所した施設にはほとんど毎日面会に行っていたのに、すべてが夢の中の出来事のように思われました。

 

ただ、現実に4年間、特に後半の2年はいろいろありました。

その時期の記憶をたどりながら、母との思い出を中心に、介護や医療などについて感じたことを記録しておこう。

以上のように考えて、このブログを始めることにしました。

2022年1月26日 (水)

介護地獄はすぐそこに

この数日は介護における孤立について考えてみました。 自宅で介護をしている場合に最も危険なのが、孤立していわゆる介護地獄に陥ることだと思います。 私が介護辞職をして自宅で母の介護をしていた期間は2年半ほ...

» 続きを読む

2022年1月25日 (火)

大切な社会との関わり

ここ2日、介護者が必要なのはアドバイスよりも誰かに傍にいてくれることだ、という趣旨の話をしました。 私もこれに同感しますし、介護をしている方々の中にも同様に思われる方は多いものと思います。 私の場合は...

» 続きを読む

2022年1月24日 (月)

「いてくれてありがとう」

昨日は新聞記事に上がっていた、介護者が欲しいのはアドバイスではなく一緒にいてくれているという実感だということを取り上げました。 私が母の介護をした経験からしても、一人で一人の世話をするだけでも結構大変...

» 続きを読む

2022年1月23日 (日)

一緒にいてくれているという実感

今日は先日新聞に掲載されていた記事を元にして、介護について少し考えてみようと思います。 ある医師の実家では、お母さんと同居していた弟さんがお母さんの介護をしていたそうです。 時々その弟さんから電話があ...

» 続きを読む

2022年1月22日 (土)

「通院することになりました」

このところ8年前の今頃に、母が通っていたクリニックから病院を紹介していただいたことについて書いています。 母の持病が悪化して病院を紹介されることになり、私が二つの病院の中から一つを選んだことは書きまし...

» 続きを読む

2022年1月21日 (金)

2つの病院からの選択

昨日は『新しい病院との縁』という話をこちらに書きました。 母はその後の5年11か月の間、こちらの病院にお世話になりながら、最後は同じ建物内の介護老人保健施設で生活していました。 今では私はこの病院や施...

» 続きを読む

2022年1月20日 (木)

新しい病院との縁

8年前の2014年1月20日は、母が通っていたクリニックから紹介された病院に初めて行った日です。 私も、母の持病がかなり悪化して、いよいよ入院か人工透析をすることになるのかと大変心配しました。 そこで...

» 続きを読む

2022年1月19日 (水)

「どこが悪いんですか?」

昨日、8年前の今頃に厳寒の旧家から温暖なマンションに移動したことを書きました。 実は、それは2014年1月19日の夕方のことで、丁度テレビでは大相撲中継をしている時刻でした。 いかにも体調の悪そうな母...

» 続きを読む

2022年1月18日 (火)

厳寒の旧家から温暖なマンションへ

8年前の今頃、1月後半に母と私は旧家からマンションに移りました。 旧家は築50年ほどになっていて、隙間風入り放題の上に場所によっては床が抜ける状況になっていました。 元々日当たりが悪く、冬には暖房の正...

» 続きを読む

2022年1月17日 (月)

「シクラメン、また咲いた」

母は80歳頃まで一人で病院に行ったり、書道を習いに行っていました。 そして、そういった用事で出かけたついでに花の苗を買ったり貰ったりして玄関先で育てていました。 あるとき、母が玄関の辺りにいた私に「シ...

» 続きを読む

2022年1月16日 (日)

一週違いの幸運

昨日、南太平洋のトンガ諸島周辺で海底火山の噴火があり、それによって起きた津波が今朝日本の沿岸に到達しました。 津波によって主に船に被害が出たようですが、避難を余儀なくされた方々も多かったようです。 津...

» 続きを読む

2022年1月15日 (土)

医師との話と責任の重さ

今日も通院や施設での医師とのやり取りについて考えてみようと思います。 確か母が80歳くらいの頃から、私は母の通院の送り迎えをしていたように思います。 そして母が86歳の時に、むくみが悪化してクリニック...

» 続きを読む

2022年1月14日 (金)

病院と施設の医師の連携

私は『母の第二の人生』、特に施設での生活は母がとても楽しそうにしていたので良かったと思っています。 それでも、今でも不満や不可解に思っていることもいくつかあります。 そのうちの一つが病院と施設の医師の...

» 続きを読む

2022年1月13日 (木)

幸運もあって結果オーライ

このところ父の晩年について考えることで、私自身に反省する点があったことを痛感しました。 逆に母の晩年についてはその反省も生かせたからか、母にも少しは喜んでもらえたのではないかと思っています。 というよ...

» 続きを読む

2022年1月12日 (水)

知られていない介護認定

ここ数日、父の晩年のことについて考えているうちに、いろいろと思い出したことがありました。 昨日は、当時介護保険について詳しく知っていれば違った対応もあったのでは、と反省をしました。 実は、父が亡くなっ...

» 続きを読む

2022年1月11日 (火)

介護の知識の必要性

昨日に引き続いて父のことを思い出してみようと思います。 父は本当に元気な人でしたから、母に比べて最後まで冷たく対応し過ぎたかな、という思いが私にはいつまでも残っています。 もっと優しくしてあげれば良か...

» 続きを読む

2022年1月10日 (月)

父の思い出

10日は父の命日なので、今日も仕事帰りにお墓参りに行ってきました。 父は母の10年前に86歳で亡くなっていますが、80代になっても元気な人でした。 82歳まで私と一緒にゴルフに行ったり、84歳まで畑を...

» 続きを読む

2022年1月 9日 (日)

服と帽子のコーディネート

母がお世話になっていた施設に感謝の気持ちを表すためにマスクを送ったことは、先日からこちらに書いています。 そのお礼状を頂いた際に同封されていたのが、職員さんたちの母についての思い出話でした。 これを受...

» 続きを読む

2022年1月 8日 (土)

病院、施設で陽気な母

昨日、母がお世話になっていた施設に送ったマスクのお礼状が届いたことを記事にしました。 その中には職員さんたちの母に対する思いが語られていて、私は感謝の気持ちとしてマスクを送って本当に良かったと改めて感...

» 続きを読む

2022年1月 7日 (金)

心温まるお礼状

昨年の暮れに、母がお世話になった施設にマスクを送ったことは以前の記事に書きました。 その施設から今日、お礼状が届きました。 電話でお話をした事務長の挨拶文と、母が寝起きしていたフロアの職員さんたちの思...

» 続きを読む

2022年1月 6日 (木)

介護の現場に頭が下がる

昨日の記事で、母がお世話になった施設にお礼の意味でマスクを送ったことを書きました。 ただ、新型コロナの影響もあってタイミングを逸したため、母の死後2年以上が経ってしまいました。 ですから、職員さんに母...

» 続きを読む

2022年1月 5日 (水)

「早くお礼してね」

私は昨年の暮れに母がお世話になっていた施設に、お礼の気持ちとしてマスクをお送りしました。 実は母が亡くなった時に、四十九日の法要が終わったら菓子折りでも持参してお礼の挨拶に伺おうと考えていました。 た...

» 続きを読む

2022年1月 4日 (火)

行けるときに行く

昨日は箱根駅伝から母と温泉に行ったことを思い出して、その頃の思い出を書きました。 我が家は私が子供の頃から、父が運転する自動車で箱根や伊豆などによく旅行に行っていました。 かなり記憶が薄れていますが、...

» 続きを読む

2022年1月 3日 (月)

箱根駅伝で思い出す

毎年、お正月恒例の箱根駅伝が今年も2日、3日と行われました。 私もテレビを時々見ていましたが、今年はかなり寒そうでした。 箱根といえば、父が亡くなった後に母を温泉に連れて行ったのはほとんどが箱根でした...

» 続きを読む

2022年1月 2日 (日)

テレビの終わり

今日のニュースで、昨年の紅白歌合戦が史上最低の視聴率だったことを伝えていました。 このところ音楽に関連した記事を書いていましたが、本日もそれに関連して考えてみようと思います。 私は数年ぶりに少し紅白歌...

» 続きを読む

2022年1月 1日 (土)

人生は無常

昨日記事に取り上げた藤井風さんが、昨日の第72回紅白歌合戦に出場しました。 数々のサプライズ演出もあって彼の魅力がフルに発揮され、久しぶりに見た紅白歌合戦は見ごたえがありました。 そして、私のひいき目...

» 続きを読む

2021年12月31日 (金)

藤井風『帰ろう』

ここ二日間は『演歌・歌謡曲チャンネル』の思い出から母に関することを書いてきました。 母が施設に移って以降も、私は『演歌・歌謡曲チャンネル』をしばらくの間は時々見ていました。 ただ、私はそれほど演歌好き...

» 続きを読む

2021年12月30日 (木)

森山愛子『会津追分』

2年前の2019年12月30日は月曜日、曇り時々雨で8℃の寒い日、母が亡くなってから十日が経過しました。 何となく、施設での生活も幻だったように思えてきて、それ以前の自宅での生活は夢のように感じられて...

» 続きを読む

2021年12月29日 (水)

『演歌・歌謡曲チャンネル』

2年前の2019年12月29日は日曜日、晴れて11℃の日、母の告別式が終わってから初めての休日でした。 午前中に2回洗濯をして、午後は天気も良いので買い物を兼ねて外出しました。 買い物の途中までは母の...

» 続きを読む

2021年12月28日 (火)

楽しく生きた『第二の人生』

2年前の2019年12月28日は土曜日、晴れて11℃の日、母が亡くなって一週間ほどが過ぎました。 その間、いろいろと考えることがありました。 一番よく考えたことが「ああすれば良かったのではないか、こう...

» 続きを読む

«相続した血圧計

最近の写真

  • Img_20191206_185718