« 宮崎県のほこり | トップページ | 救急車で何処へ行く »

2007年12月 5日 (水)

私もあなたも元少年

いわゆる光市母子殺害事件の差し戻し控訴審の第12回公判が12月4日、広島高裁(楢崎康英裁判長)でありました。弁護側は最終弁論で、殺意や強姦目的を改めて否定し、傷害致死罪が適用されるべきだと主張しました。

さらに、少年法で死刑適用が認められる18歳から1カ月で犯行に及んだ点を強調した上で、精神的に未熟だった元少年が起こした「偶発的な事件」として、死刑回避を求めました。
裁判はこの日で結審し、判決は08年4月22日に言い渡されることになります。


昨日の弁護側の最終弁論に関する報道は、この事件の裁判としてはかなり控えめのものだったと感じます。
そして、後は裁判所の判断を待つばかりとなりました。

最高裁が死刑判決を求めて差し戻したことや、あの橋下弁護士が言うところの「世間」の声を考えると、裁判官が下す判決は限られているのではないかと思います。
判決が下される日の報道は相当に過熱するでしょうから、もし、死刑以外の判決が出された場合、私は裁判官の勇気に敬意を感じつつも、その身の安全を心配してしまいます。
いずれにせよ、後は裁判所の判断です。


それから、この事件の裁判を考えるときに、忘れてはならないのがマスメディアの報道です。
「世間」の声を作ったのもマスメディア、特にテレビによるところが大きかったと思います。

マスメディアでは、今では26歳になった被告人のことを、ほとんどが「元少年」と呼んでいます。
読売新聞では、元会社員となっているようです。
実は私も元少年であり、元会社員なのですが‥‥。
まあ、それはそれとして。


ところで、この裁判の被告人の名前をご存じでしょうか。
この事件を調べるためにネットで検索した時、○○という被告人の実名が書いてありました。
例えば、「○○は死刑にするべきだ」などとあったわけです。
私はそれを読んだとき、一瞬、別の事件のことかと思いました。
すぐには「○○」と言う名前と「元少年」が一致しなかったわけです。
その違和感は今でもどこかに残っています。

「元少年」に関しては名前だけではなく、写真などの映像もマスメディアには出てきません。
今後、いずれかの機会に公開されるのかどうかわかりませんが、もし公開された場合、私が抱いたような違和感を持つ人はかなり多いのではないでしょうか。
また、この「元少年」はずっと「元少年」として扱われ続けるわけですか?

このように報道に際して規制が必要な被告人に対して数多くのマスメディア、特にテレビ番組は、死刑を求めることが当然であるかのような報道をしてきました。
そして、その影響もあってか多くの人は、名前も容貌も知らない「元少年」を死刑にすべきだと考えているようです。


この事件の裁判に関しては他の裁判と比較して、マスメディアの情報量も多かったように思います。
それにもかかわらず、今でも「元少年」についてよく知らないのは、私だけではないでしょう。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、1つか2つ、クリックお願いします。

|

« 宮崎県のほこり | トップページ | 救急車で何処へ行く »

マスメディア」カテゴリの記事

光市母子殺害事件」カテゴリの記事

コメント

本村氏が広大生時代に借りたビデオの個人情報を実は私は持っています(盗聴法施行前に入手なので合法).ただ,まだブログ上で公開するべきではないと思い,仲間内だけにコピーしています.

なかなか激烈な内容ですよ(笑) それこそスキャンダルのかたまりで,テレビマスコミはもみ消しに奔走するでしょうね.

投稿: kaetzchen | 2007年12月 6日 (木) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/17285622

この記事へのトラックバック一覧です: 私もあなたも元少年:

» 安田弁護士による報告会 【転載推奨】 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
光市母子殺害事件差し戻し審結審 弁護団、死刑回避主張(朝日新聞) - goo ニュース  広島 YMCA ならびに,日本基督教団・西中国教区・社会部では,上のチラシにあるように,安田好弘弁護士を迎えて,光市事件の広島高裁差し戻し審の詳細,並びに死刑制度のあり方,ないし裁判員制度の矛盾点などについてセミナーを行うことになりました.(但し,死刑制度を推進する立場の,偏向したTVマスコミ(読売・産経)に関しては入場を拒否する場合もあります.特に山口放送) # このブログは体力的な理由により,まだ書き... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 08時54分

» 安田弁護士による報告会 【転載推奨】 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
光市母子殺害事件差し戻し審結審 弁護団、死刑回避主張(朝日新聞) - goo ニュース  広島 YMCA ならびに,日本基督教団・西中国教区・社会部では,上のチラシにあるように,安田好弘弁護士を迎えて,光市事件の広島高裁差し戻し審の詳細,並びに死刑制度のあり方,ないし裁判員制度の矛盾点などについてセミナーを行うことになりました.(但し,死刑制度を推進する立場の,偏向したTVマスコミ(読売・産経)に関しては入場を拒否する場合もあります.特に山口放送) # このブログは体力的な理由により,まだ書き... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 08時56分

» 悲しき「ドラえもん」 [Die Weblogtagesschau laut dem Kaetzchen]
「ドラえもんが何とかしてくれる」母子殺害公判で元少年(朝日新聞) - goo ニュース  文化人類学を齧ったことがある人なら,この題名が『悲しき熱帯』(川田順造訳・中央公論新社)と『悲しき南回帰線』(室淳介訳・講談社学術文庫)つまり Claude Le'vi-Strauss の "Tristes tropiques"(1955, Paris) をもじったことがピンと来るだろう (フランス語が読めない人は今回は無視します).1950年代に Le'vi-Strauss がブラジルを冒険して出会った熱... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 08時59分

» 124:「大連立」騒動の裏に「アーミテージ報告」! [SIMANTO BBS]
2007/12/06 「現実的であれ、しかし不可能を求めよ!」…チェ・ゲバラ 昨日は、この冬一番の冷え込みとなり、久し振りに枝打ちした木材を集めて「焚き火」をした。煙にむせながら、木材が炎をあげ、白い灰に変化... [続きを読む]

受信: 2007年12月 6日 (木) 12時26分

» 少年法とは [,私もあなたも元少年]
少年法とはの情報です。 [続きを読む]

受信: 2007年12月27日 (木) 15時22分

« 宮崎県のほこり | トップページ | 救急車で何処へ行く »