« 参議院が面白い | トップページ | 情報が漏れる密室会談 »

2007年11月 4日 (日)

辞任の際の報道の差

民主党の小沢代表が辞意を表明しました。
以下にその会見での発言を朝日新聞より転載します。


民主党の小沢代表が4日、開いた辞意表明会見での全発言は以下の通り。(別に質疑応答での全発言)

民主党代表としてけじめをつけるに当たって私の考えを述べたい。福田総理の求めによる2度にわたる党首会談で、総理から要請のあった連立政権樹立を巡り、政治的混乱が生じた。民主党内外に対するけじめとして、民主党代表の職を辞することを決意し、本日、辞職願を提出し、私の進退を委ねた。

代表の辞職願を出した第1の理由。11月2日の党首会談において、福田総理は、衆参ねじれ国会で、自民、民主両党がそれぞれの重要政策を実現するために連立政権をつくりたいと要請された。また、政策協議の最大の問題である我が国の安全保障政策について、きわめて重大な政策転換を決断された。

首相が決断した1点目は、国際平和協力に関する自衛隊の海外派遣は国連安保理、もしくは国連総会の決議によって設立、あるいは認められた国連の活動に参加することに限る、したがって特定の国の軍事作戦については、我が国は支援活動をしない。2点目は、新テロ特措法案はできれば通してほしいが、両党が連立し、新しい協力体制を確立することを最優先と考えているので、あえてこの法案の成立にこだわることはしない。

福田総理は以上の2点を確約された。これまでの我が国の無原則な安保政策を根本から転換し、国際平和協力の原則を確立するものであるから、それだけでも政策協議を開始するに値すると判断した。

代表の辞職願を出した第2の理由。民主党は、先の参議院選挙で与えていただいた参議院第一党の力を活用して、マニフェストで約束した年金改革、子育て支援、農業再生を始め、国民の生活が第一の政策を次々に法案化して、参議院に提出している。しかし、衆議院では自民党が依然、圧倒的多数占めている。

このような状況では、これらの法案をすぐ成立させることはできない。ここで政策協議をすれば、その中で、国民との約束を実行することが可能になると判断した。

代表辞任を決意した3番目の理由。もちろん民主党にとって、次の衆議院選挙に勝利し、政権交代を実現して国民の生活が第一の政策を実行することが最終目標だ。私も民主党代表として、全力を挙げてきた。しかしながら、民主党はいまだ様々な面で力量が不足しており、国民の皆様からも、自民党はだめだが、民主党も本当に政権担当能力があるのか、という疑問が提起され続けている。次期総選挙の勝利はたいへん厳しい。

国民のみなさんの疑念を一掃させるためにも、政策協議をし、そこで我々の生活第一の政策が採り入れられるなら、あえて民主党が政権の一翼を担い、参議院選挙を通じて国民に約束した政策を実行し、同時に政権運営の実績も示すことが、国民の理解を得て、民主党政権を実現させる近道であると判断した。

政権への参加は、私の悲願である二大政党制に矛盾するどころか、民主党政権実現を早めることによって、その定着を実現することができると考える。

以上のような考えに基づき、2日夜の民主党役員会で福田総理の方針を説明し、政策協議を始めるべきではないかと提案したが、残念ながら認められなかった。

それは、私が民主党代表として選任した役員から不信任を受けたに等しい。よって、多くの民主党議員、党員を指導する民主党代表として、党首会談で誠実に対応してもらった福田総理に対しても、けじめをつける必要があると判断した。

もう一つ。中傷報道に厳重に抗議する意味において、考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する報道について、報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。

私の方から党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、今回の連立構想について、小沢首謀説なるものが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根。党首会談、および会談に至るまでの経緯、内容について、私自身も、そして私の秘書も、どの報道機関からも取材を受けたことはなく、取材の申し入れもない。

それにもかかわらず事実無根の報道がはんらんしていることは、朝日新聞、日経新聞を除き、ほとんどの報道機関が、自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それによって、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な中傷であり、強い憤りを感じる。

このようなマスメディアのあり方は、明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争に突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。

また、自己の権力維持のため、報道機関に対し、私や民主党に対する中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥じるところがないか、自分自身に問うてもらいたい。

報道機関には、冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。

[2007年11月4日18時48分 asahi.com]


よく読んでみますと、「辞職願を提出し、私の進退を委ねた」とありますから、慰留されて辞めなかったりして‥‥。
そんなことはないでしょうね。

それはともかくとして、小沢氏は自分から党首会談を呼び掛けたことと、大連立を持ちかけたということについては、きっぱりと否定しています。
当然だと思います。
公開の党首討論の前日に秘密の党首会談を開いたり、大連立を持ちかけたりすることは、福田首相や自民党にメリットはあっても、小沢氏には何の利益もないからです。

こういう状況になると、最初の党首会談の際に一部で言われていたことが真実味を帯びてきます。
それは、ある人物のラジオの番組での発言なのですが、何かのスキャンダルとの取引で小沢氏を党首会談に出てこさせたのではないか、というものでした。
確かに、その後の事態の流れやマスコミの報道を見ていると妙に納得してしまいます。

それから、会見の後半で小沢氏がマスコミの報道を、わざわざ朝日と日経を除外してまで批判しています。
マスコミの報道に関しては、私も思うところがあります。

昨日、今日のテレビを見ていますと、「民主党は内部分裂してもう終わりだ」、などというようなことを言う人までいます。
ただ、少し前に当時の安倍首相が変な辞め方をした際に、「これで自民党は終わりだ」という論調はなく、なぜか国会開会中にもかかわらず自民党は勝手に総裁選を始め出し、マスコミはそれを非難することもなく、盛り上げてさえいました。

以前、民主党では菅氏が年金未納問題で辞任しました。また、前原氏は永田メール問題で辞任しました。そして、今回、小沢氏が辞任します。
すべてが怪しげな事件です。
私は、これらは特に代表が辞めるような事態ではないと思います。
ところが、テレビを中心にマスコミは辞めないと許さないような雰囲気を作り出します。

権力には弱いが、弱いものは徹底的に叩くのがこの国のマスコミです。


最近では国民の方が冷静な気がします。

人気ブログランキングへにほんブログ村 政治ブログへ
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、1つか2つ、クリックお願いします。

|

« 参議院が面白い | トップページ | 情報が漏れる密室会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/16976714

この記事へのトラックバック一覧です: 辞任の際の報道の差:

» 民主党、小沢代表が辞任表明「連立問題で党内混乱…引責」 [+子育ちパパの航生日誌Q2.1]
 NHKで小沢代表の記者会見が急遽放送されましたが、関西では「われ、晩節を汚さず」というドラマに割り込んでの記者会見・・・なんだか小沢氏にとっては皮肉で不吉な題名のドラマであります。 16:00会見スタートと伝えられていたけど、小沢氏は菅直人代表代行や鳩山由紀夫幹事長と党主室に籠もっており会見に現れたのが16:35分頃でしたから、民主党幹部の間で断続的に話し合いが続いていた様子・・・・辞任の意思表示に簡単に「はいどうぞ」と行かないのでしょう。  小沢氏は「政治的混乱の責任をとって辞表を提出し、進退... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 11時09分

» 【参考】小沢一郎民主党代表辞意表明に関するAFPの報道 [PAGES DECRITURE]
民主党代表、小沢一郎が辞意を表明したというニュースが流れています。 実際の真意はどうなのか、新聞報道を見ただけではわかりません。右派系メディアやテレビは好き勝手言っている用にも見えます。 フランス語圏では、AFPが昨日の時点でいち早く取り上げていました。 参考... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 11時56分

» 情報伝播の時代 伝える事から全てが始まる 【リンクリストでブログの輪】 [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← に参加中です! いつも応援ポチっ有難うございます♪  ↑上記リベラルブロガーへのポチっと応援をそろそろお願いしま〜す^^【選挙も近いかも?】 ... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 13時35分

» 福田・小沢会談&連立構想の謎(3)・・・小沢の思い&変われずに辞意 [日本がアブナイ!]
最新の記事一覧は、コチラに。  4日、民主党の小沢代表が辞意を表明。記者会見を行なった。 <記者会見の内容は*1に>  小沢氏は、党執行部に辞表を提出しており、5日の役員会でこの扱い が協議される予定だ。  鳩山幹事長らは、小沢氏の慰留に努めたいと話しているが、党内には 小沢氏が福田首相と密談を行なったり、連立構想に乗ろうとしたりした ことに疑問や批判を抱く議員も少なからずいることから、党首交代は 避けられないとの見方が強い。  また一部には、小沢氏がグループの議員を引き連... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 15時12分

» 小沢民主党代表、辞任表明 [虎哲徒然日記]
当事者の言い分が聞こえてきて、少しは意図するところが何であったかを、推し量ることはできる。だが、やはり解せない。代表辞任会見にあたって出された小沢氏の見解を抜粋してみてみよう。11月2日の党首会談において、福田総理は、衆参ねじれ国会で、自民、民主両党がそ....... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 21時05分

» 読売新聞、自作自演? [みんななかよく]
? 福田首相(自民党総裁)と民主党の小沢代表の党首会談で、民主党が連立政権に参加した場合、小沢氏が副総理格の無任所相に就任することで合意していたことが4日、明らかになった。 ?  両党首は連立政権の17閣僚の配分を自民党10、民主党6、公明党1とすることで... [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 23時04分

» 民主党 小沢代表が留任に色気 [本質]
民主党の小沢一郎代表が辞任会見までやったのに、一転して留任に色気を見せ始めていま [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 23時38分

» 雨降り、時は流れ… [ミクロネシアの小さな島・ヤップより]
気がついたら1週間も新記事を投稿していなかった。実際にはその間、書きかけて止めたものや、写真をアップしても文が書けなかったものがあるのだけれど、ひとつの文章をまとめるという根気というかエネルギーがどうも沸いてこず、悶々としながら(笑)、気になるニホンのニュースやブログを読みあさり、どうでもいいような本やレンタル・ビデオを手に取る日々が続いた。 11月2日、ヤップ州の連絡船ハピルモホルが出航した。フィリピンに行っていた友人も、この船で生まれ島に帰った。彼女と同じように生まれ島への最後の航海をした... [続きを読む]

受信: 2007年11月10日 (土) 04時33分

« 参議院が面白い | トップページ | 情報が漏れる密室会談 »