« 舛添大臣、自腹でどうですか? | トップページ | 刑事告発の必要性 »

2007年10月13日 (土)

「赤福」がトップニュース

「負けたら切腹する」と言っていた少年がいました。
彼は負けました。
そして切腹を‥‥しましたか?
そういうことで、ボクシングの亀田一家の信用はガタ落ちです。もともと信用されていたのか疑問ではありますが‥‥。
とりあえず、切腹はしない方がいいと思いますよ。

一方で、300年の信用に傷がついたのが「赤福」です。
今日もNHKのトップニュースとして叩かれています。
商品の製造日を偽装表示したということが問題にされているようですが、10月12日の読売新聞の記事で何が問題なのかを考えてみます。


創業300年の和菓子の老舗「赤福」(本社・三重県伊勢市)による製造日の偽装表示問題で、農林水産省は12日、同社に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、不適正表示の改善や再発防止策の提出などを指示した。

同社は、製造日に出荷しなかった商品を冷凍保存し、解凍して包装し直した日を製造日として出荷していた。不適正表示で販売された商品は2004年9月からの3年間で約605万箱に上り、総出荷量の18%にあたるという。

農水省によると、同社は看板商品の「赤福餅(もち)」について、包装済みの商品を直接、本社工場内の冷凍庫に運んだり、配送車で東海地方の販売店舗を回った後に残った商品を持ち帰ったりして冷凍保存、その後、「まき直し」と称して注文数などに応じて解凍し、再包装した日を製造年月日と表示する行為を繰り返していた。

赤福餅の消費期限は、夏場が製造日を含め2日、冬場が3日となっている。同社はホームページで「製造したその日限りでの販売としています」などと紹介していた。しかし、実際には最大で2週間冷凍した後に解凍し、再包装したケースもあった。農水省の調査に対し同社は、「まき直し」と呼ばれる行為は1973年から行っていたと説明しているという。

配送車に積んだ商品を工場内に持ち帰り、冷凍保存する行為は、今年1月下旬にやめていたという。農水省は、大手菓子メーカー「不二家」の期限切れ原料使用が問題化した時期と一致しているため、赤福側が悪質性を認識していた可能性があるとみて調べている。

また、JAS法は原材料名について使用した重量順に表示するように定めており、本来は「砂糖、小豆、もち米」としなければならないのに、少なくとも2000年3月以降、「小豆、もち米、砂糖」と表示し続けていた。

若林農相は12日の閣議後の記者会見で、「信用度の高い老舗のメーカーでこのようなことがあったのは、大変重大なことだと受け止めている」と述べた。

赤福は読売新聞の取材に対し、「農水省の判断の内容をみて、今後の対応を検討し、会見などできちんと説明をしていきたい」としている。

[2007年10月12日 読売新聞]


問題点は以下の2点のようです。

  1. 冷凍保存した商品を解凍して包装し直した日を製造日として出荷したこと
  2. 原材料の順番が決められたものと違って表示されていたこと

これを農水省や農相は重大な問題だと考えています。
特に「不二家」の名前まで出して悪質さを際立たせようとしていますが、それほどのことでしょうか。
品質が問題になったわけではないので、表示を適正なものに改めれば良いだけだと思いますが、いかがでしょうか。
品質や表示に関しては、本日の読売新聞に情報がありますので紹介します。


保健所「問題なし」回答 赤福側の照会時

一方、三重県薬務食品室は、赤福が数年前、冷凍した製品の解凍日を「製造日」とすることについて問い合わせた際、伊勢保健所が「問題ない」と回答していたことを明らかにした。同室では「保健所の権限の範囲内で判断したもので、不当表示の可能性は考えなかった。農政当局に照会すべきだったかも知れない」としている。

同保健所は9月19、25日、本社工場などを立ち入り調査し、その際、赤福餅について、解凍して出荷する工程があったことを確認した。ただ、冷蔵などの保管・運搬状況も適切で、合理的な根拠に基づいて消費期限が設定されているなどの理由で、安全性に問題ないと判断した。

配送車内に残った製品を冷凍保存していた点についても、「保存状況などは適切で、食品衛生法上は問題ないと判断した」という。

加工食品 「製造日」表示義務なし

赤福は、農水省から製造日偽装の指摘を受けたが、食品業界では、菓子類を冷凍・解凍させて店頭に並べる場合も含め、製造日ではなく、「賞味期限」「消費期限」を表示しているケースが多いという。

加工食品の日付表示は、1995年に食品衛生法などの改正で、「製造年月日」の表示義務がなくなり、代わって「賞味期限」「消費期限」などの期限表示が義務付けられた。

東海地方のある食品会社は、97年4月から製造年月日の表示をやめ、「商品の性格に応じて、賞味期限と消費期限を使い分けている」と説明。別の食品会社は「和菓子を冷凍したまま出荷し、店頭で蒸しており、消費期限のみを表示している」としている。

[2007年10月13日 読売新聞]


解凍日を製造日にしても品質上は問題ない、と地元の保健所が言っています。
それよりも、そもそも今では製造年月日の表示義務はないのです。
つまり「赤福」は消費期限のみの表示にしておけば問題はなかったということです。
いずれにしろ現在発表されている限りでは、あくまで表示が不適切であったというだけです。

少なくとも現時点では、私は「赤福」に非があるようには思えません。
当然、商品を回収したり販売中止にする必要もないですし、農水省や農相が問題視するほどのこととも思いません。
そして、NHKが今晩もトップニュースで扱っていることがかえって、何か他のことから目を逸らさせるために大騒ぎしているように感じます。


小泉政権以降、そういうことがよくありますから。

人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、1つか2つ、クリックお願いします。

|

« 舛添大臣、自腹でどうですか? | トップページ | 刑事告発の必要性 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/16748718

この記事へのトラックバック一覧です: 「赤福」がトップニュース:

» 安倍晋三、亀田大毅、沢尻エリカの共通点。(笑) [雑談日記(徒然なるままに、。)]
1、いずれも最初にマスゴミがチヤホヤして作り上げた人気であること。 2、傲慢であ [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 23時51分

» ZEROの貧困特集(その1) [現政権に「ノー」!!!]
「new poor 〜新たなる貧困〜」と題して、日本テレビのZEROで、貧困特集を組んでいたが、その実態は凄まじいものであり看過できないことから、皆さんに紹介したいと思う。 ◆10月10日(水) 貧困OL食パンだけで暮らす・・・正社員からなぜ転落?人生....... [続きを読む]

受信: 2007年10月13日 (土) 23時58分

» グローバリゼーションを考えて欲しい! [現政権に「ノー」!!!]
昨日のエントリーで、グローバリゼーションに触れたのだが、その背景について全く説明しなかったので、私の過去のエントリーを紹介しておきたいと思う。 ◆欺瞞に満ちたグローバリゼーション http://blog.livedoor.jp/passionmaster/archives/50161769.html ◆「改革....... [続きを読む]

受信: 2007年10月14日 (日) 18時35分

» ニュースナビ [ニュースナビ]
最新ニュースをお届けします。 [続きを読む]

受信: 2007年10月16日 (火) 15時42分

» 時事ニュース [時事ニュース]
時事ニュースを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2007年10月17日 (水) 17時29分

« 舛添大臣、自腹でどうですか? | トップページ | 刑事告発の必要性 »