« 首相経験者としての心得 | トップページ | 生き残るなら地域政党 »

2007年9月25日 (火)

批判するより褒め殺しで

一昨日の自民党総裁選で新総裁となった福田氏は昨日、党の4役を以下のように決めました。

幹事長‥‥‥‥‥伊吹文明文部科学相(69)
政調会長‥‥‥‥谷垣禎一元財務相(62)
総務会長‥‥‥‥二階俊博・再任(68)
選挙対策総局長‥古賀誠元幹事長(67)

この人事に対して、野党各党がそれぞれ感想を述べています。


野党各党は24日、自民党総裁選で福田康夫総裁を支持した派閥の領袖を4役に起用した人事に「古い自民党の体質がむき出しになった」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などと指摘し、対決姿勢を強めた。

鳩山氏は都内で記者団に「びっくりするほどの派閥談合人事だ。ここまで派閥にこだわるのも大したものだ」と皮肉を込めた上で「自民党が国民本位の政党になるのは、とても不可能だ」と断じた。

社民党の福島瑞穂党首は共同通信の取材に「派閥領袖を要所に据えるという延命のための内向きの布陣だ」と強調。「政治とカネの問題が指摘されている伊吹文明氏の幹事長起用は、この問題に取り組む考えがないとの姿勢の表れだ。新しくできた『まったく古い自民党』と対決する」と意気込みを見せた。

国民新党の亀井久興幹事長は「大きな政策転換は期待できない。参院選の民意に応えるようなメッセージはない。早期に予想される衆院選までのつなぎという見方はぬぐえない」と評した。

共産党の穀田恵二国対委員長は「内閣なら別だが、他党内の人事へのコメントは控える」と述べた。

[2007年9月24日16時29分 nikkansports.com]


個人的な評価をしますと、ベストのコメントは共産党の穀田氏です。他党の人事にコメントはしない、これでいいと思います。
他の方々もコメントの内容は尤もですが、今さら言うまでもないことです。
それに最初から評価が低いというのは、逆に言えば上がっていく可能性が大きいわけですから、野党としても得策ではありません。

「自民党が国民本位の政党になるのは、とても不可能だ」このように、民主党の鳩山幹事長は言います。
また、国民新党の亀井幹事長は「(自民党に)大きな政策転換は期待できない」と言っています。
これらは、今や国民の多数が分かっていることだと思います。ですから自民党の支持率は下がってきているのです。
党全体の評価が下がると、こういう人が期待されることになります。


「残業代が出なかったら、あほらしくてさっさと家に帰るインセンティブ(誘因)になる」。舛添厚生労働相は11日の閣議後の記者会見で、一定条件を満たした会社員を労働時間規制から外すホワイトカラー・エグゼンプション(WE)についての持論を展開した。

政府は、さきの通常国会に提出した労働基準法改正案にWEを盛り込むことを目指したが、労働組合などが「サービス残業を助長し、過労死が増える」と反発。「残業代ゼロ法案」との批判を浴び、断念に追い込まれた経緯がある。

舛添氏は、WEの真意は「パパもママも早く帰って、うちでご飯を食べましょうということだ」と説明し、「家族だんらん法案」「早く帰ろう法案」などの名前にすべきだったとした。

(以下略)

[2007年9月11日19時44分 asahi.com]


確かに「残業代ゼロ法案」などという名前の法案が通る見込みはゼロでしょう。
「家族だんらん法案」「早く帰ろう法案」という名前ならば通ったかもしれない、などと、この人は本気で思っているのでしょうか?
批判されたのは法案の名前ではなく内容だと、いまだに分かっていないのでしょうか。
逆に、分かっていながらそのままで通そうとするのは、さらに悪質ですが‥‥。

マスコミは改造した安倍内閣全体は批判しても、舛添氏だけは盛んに持ち上げていました。
いろいろ発言させると面白いから取り上げているのならともかく、本当に手腕に期待している人がいるのが笑えます。
自民党全体に対する期待値が地に落ちてしまった感じがします。

今日、明日には福田内閣が誕生するようです。
もちろん大した期待はできません。
しかし野党の皆さんは、ここでハードルを下げてはいけません。

「さすが『チーム自民党』だ。実力者を適材適所に配置している。この内閣ならテロ特措法も止め、郵政民営化も凍結し、年金の信頼も回復し、格差の解消もできる。これで、国民の生活も楽になる。素晴らしい内閣だ」などと、持ち上げておきましょう。
そうすれば、できない政策は全てマイナスになります‥‥か?

できるだけハードルを高くしておかないと、口先だけの大臣のパフォーマンスに簡単に騙されてしまいますよ。

人気blogランキングへにほんブログ村 政治ブログへ

最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければ、1つか2つ、クリックお願いします。

|

« 首相経験者としての心得 | トップページ | 生き残るなら地域政党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

何とSIMANTO BBSがアクセスランキング24位に入ってるではありませんか!…感動…笑ってしまいますね。

投稿: simanto114 | 2007年9月25日 (火) 14時33分

こんにちは。

私の弱小ブログでは、すぐにランキングが上がります。
内容の方は保証できませんが、これからもぜひアクセスして下さい。よろしくお願いします。

simanto114さんのブログも毎日拝見しています。

投稿: もそもそ | 2007年9月26日 (水) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/16567459

この記事へのトラックバック一覧です: 批判するより褒め殺しで:

» 嘘つき安部自民党、無意味会見 [ジョディーは友達]
 9月24日、自民党新総裁が決まった。  同日、安倍晋三は未だ総理大臣だった。確 [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 14時04分

» 「AbEnd」の日、ついに来たる [きまぐれな日々]
きょう9月25日、安倍晋三内閣が総辞職する。夜には福田康夫新内閣が発足する見込みだ。 例によって、福田内閣については特にコメントはしない。最低最悪だった安倍晋三から首相が変わるとはいえ、ネオリベ・ネオコンを... [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 23時08分

» 第二代福田総理誕生!! [しっとう?岩田亜矢那]
日本憲政史上初の親子二代に渡っての内閣総理大臣である。 二世議員全盛の昨今であるが、正に極まれり。 これで国会議員が歌舞伎や能と並んで名実共に日本の伝統芸能になったと言っても過言ではない。 ここで筆者は提案したい。 遂には父親と同じく国政の最高権力者にまで昇り詰めた福田康夫であるが、 この機に「第二代福田赳夫」を襲名してみては如何なものか? 林家木久蔵が父親の名跡を継いだ如く、 そうすれは「襲名披露興業」でご祝儀はガッポガッポ。 しかもそこで得た収入は地下室に空の祝儀袋さえ残しておかなければ課税さ... [続きを読む]

受信: 2007年9月25日 (火) 23時51分

» ねずみ男、世にのさばる [なごなぐ雑記]
こいつ再任だって。 私は政治家に清廉潔白であることや、聖人君子のような人物像を求 [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 03時50分

» 死刑制度について考える=その2(51) [SIMANTO BBS]
みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/09/26) 初めて見つけた「月下美人」の咲くところ…完全に咲いてるところが撮れなくて残念…! 昨日は、久し振りに周囲の... [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 05時10分

» 四役体制&伊吹の幹事長はサプライズ?!+「安倍首相」は、最後まで国民そっちのけ? [日本がアブナイ!]
最新記事の一覧は、←カレンダーの<September2007>をクリック。  最初に、「海自のインド洋での給油がイラク戦に転用疑惑」に関して まだ見ていない方は、どうかこれらの情報をご覧下さい。  報ステの映像はコチラ、情報サイトはコチラ、ブログ関連記事はコチラ  これからの日本のあり方、わたしたち日本人のあり方&将来にとって ホントに大事なことなので<憲法違反の疑いのことも含めて>みんなで よ~く考えてみましょ~。(・・) ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~  ... [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 13時41分

» 福田内閣 [本質]
福田内閣の陣容が決定。 総理大臣        福田康夫総務大臣         [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 13時49分

» 大当たり貧乏くじ内閣+真紀子さん吼える!+イカレジイサン記者会見(発言・全文掲載)、映像ノーカット。 [晴天とら日和]
^ 大 当 た り 貧 乏 く じ 内 閣      ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ お笑いだ。ハハハハハ ま、最後に間違いないわ〜ン。。。。。。 「新自由主義」改革の継続をしながら、「格差是正」だなんて、相反するものをどう政策に出来るわけ? 同時進行....... [続きを読む]

受信: 2007年9月26日 (水) 15時59分

» 労働基準法での管理監督者とは? [国民年金と国民健康保険]
昇進をして課長になった途端に残業代が出なくなって結果として給料が減ってしまった、という経験をした方も少なくないのではないでしょうか。 確かに労働基準法では、管理監督者の立場に位置する労働者に対しては残業代を支払う義務がないとされているため、一見合法に見えるかもしれません。 ですが、課長などの役職に就いたとしてもそれは管理監督者ではないのです。 労働者は会社に時間面や人員配置の都合など、何かしらの面で管理されている立場である限り、管理監督者と呼ばれることはありません。 どのような労働者がこれにあたる... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 15時22分

« 首相経験者としての心得 | トップページ | 生き残るなら地域政党 »