« すべては選挙制度から | トップページ | 言論の自由の復活 »

2007年8月 1日 (水)

民主350議席、自民89議席

今回の参議院選挙の結果に関しては、与党の自滅により民主党が勝ったのであって、民主党が積極的に支持されたわけではない、という評価が一般的なようです。
それとともに、民主党に政権担当能力はあるのか、などと言われています。

政権担当能力とは何かよく分からないのですが、今の自公政権にその能力があるとすれば、その程度の能力は十分にあるでしょう。
少なくとも今の政権よりは空気を読めると思います。まあ、安倍内閣よりは民意というものを理解しているでしょう。

私は昨日の記事で、選挙制度について書きました。昨日の毎日新聞に、それに関連した新聞記事がありましたので抜粋して引用します。

  ◇民主350議席、自民89議席

民主が350議席と大躍進、自民は89議席と大惨敗--。参院選比例代表で自民、民主両党が獲得した票数を衆院選の小選挙区、比例代表ブロックに割り当て、現段階で衆院選をやった場合の結果を予測してみたところ、こんな衝撃的な数字が浮かび上がった。

小泉純一郎前首相が郵政民営化一本に絞り、自民党に大勝をもたらした05年衆院選ですら獲得議席は296。今回の民主党の勝利が「小泉旋風」を上回る「台風」だったことがうかがえた。

自民、民主両党が300小選挙区すべてに候補を擁立したと仮定し、今回の比例代表で両党が全国の各市町村で獲得した票数を衆院の小選挙区、比例代表ブロックの両方に割り当てた。自民、公明両党の選挙協力などは無視し、自民、民主両党の票数だけで計算した。

その結果、民主党は小選挙区265、比例85、自民党は小選挙区34、比例55となった。

350議席という数字は過去、どの政党も獲得したことがない。自民党は05年のほか60年と86年にも300議席近くを獲得しているが、350には遠く及ばない。衆院の3分の2を超え、民主党が単独で憲法改正ができることにもなる。

(略)

実際の選挙では、参院比例代表の票数だけでのシミュレーションがそのまま結果に結びつくとは言えないがそれだけ今回、民主党が勢いがあったことを裏付ける数字ではある。
[7月31日 毎日新聞]


今回の比例区の票数をそのまま衆院選の結果として仮定した場合、民主党が350議席を獲得するということです。
あの郵政選挙で自民党が獲得したのが296議席です。それでも当時、かなりのショックを受けました。

それが今回は、国民が積極的に民主党を支持したわけでもないのに350議席も獲得してしまうとすれば、その選挙制度はそのままで良いのでしょうか。
私は選挙制度は早いうちにこのままで良いかどうか、考えておくべきだと思いますが、いかがでしょうか。


最後に、赤城農水大臣が更迭されました。辞表を提出したとのことですが、安倍首相に呼び出されたということですので、事実上の更迭です。
近く内閣を改造するというのに、今頃更迭する意味が良く分かりません。その上、国民に対する説明はなく、あくまで党内事情によるもののようです。
どうせ辞めさせるなら、選挙前にすればいいのに。

自民党惨敗の原因はいくつか考えられますが、私は赤城農水大臣の件はそれほど大きくなかったと思っています。(これがなくても同じくらい負けただろうということです)
しかし、安倍氏とその愉快な仲間たちはこれを最大の敗因と考えているようです。
そして、あくまで自分の政策は支持されていると言っています。

政策が間違っている
誰か教えてあげた方が良さそうです。

人気blogランキングへ
よろしければクリックお願いします。

|

« すべては選挙制度から | トップページ | 言論の自由の復活 »

選挙制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15971425

この記事へのトラックバック一覧です: 民主350議席、自民89議席:

» 護憲政党のあしたはどっちだ! [BLOG BLUES]
新自由主義・改憲勢力の、うふふふふってな含み笑いが、 僕には聴こえるんですけどね。しっかし、左派・市民派ブロガーの 言説って何だろう。戦前熱望していた通り、ものの見事に野党が、 完膚なきまでに与党を、叩きのめしたではありませんか。勝利の雄叫びを 上げてくれよ。これで、新自由主義・改憲路線を頓挫させたと。 今になって、手放しでは喜べないって。はあ?だったらさあ、戦う前に ちゃんと言ってくれよ。民主党は保守政党であり、積極支持すべき対象ではない、 保守二大政党制の定着こそが、新自由主義... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 14時33分

» 二大政党制について考える。 [日々の思い]
二大政党の是非が眠り猫さんの猫の教室の課題になっている。そこで二大政党制について考えてみた。 日本の現実として、小選挙区・比例代表制が採用されている以上、二大政党制を導きやすい選挙制度になっている。このような現実を直視し、この制度の利点と二大政党制を機能させるのに必要なことについて考えてみたい。 二大政党制の利点は、国民にAかBかの選択を迫ることとなり、選択者である国民にとっては争点が分かりやすいことが挙げられる。ただ、あまりに政策に隔たりがあると、政党間における政権の移動により劇的に変化が起こ... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 16時23分

» いやいや、このタイミングで辞めますか?・・・ [Be Correct]
赤城氏は民主党の工作員だったのではないでしょうか? 爆 もしそうなら、過去最強の刺客として後世に語り継がれる のではないでしょうか・・・笑 冗談はさておき・・・ [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 17時01分

» 「きまぐれな日々」 7月度アクセス記録より [きまぐれな日々]
参院選は自民党の惨敗に終わったが、安倍晋三首相はどうやら本気で「負けたのは相次ぐ閣僚の不祥事のせいで、『私の内閣』の政策自体は国民に支持されている」と思い込んでいるようだ。 だが、安倍晋三自らが「戦後レジームか... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 19時18分

» ネットの力 1 【天木直人氏に思う】 [らんきーブログ]
民主党比例代表で当選したサクラパパここと横峯良郎が211,828票。 そして9条ネットから出馬した私ら夫婦も投じた天木直人氏の得票は29,158票だった。 ’07参院選:データで見る 比例代表の個人票ランク 約21万と... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 21時19分

» 赤城問題の本質は何か? [現政権に「ノー」!!!]
赤城農相更迭:無念さにじませ…最後まで領収書公開せず  「(事務所費などに関して)うまく説明できなかった。反省し国民のみなさまにおわびしたい」。事実上更迭された赤城徳彦前農相は1日の会見で、就任から2カ月で辞任したことへの無念さをにじませた。しかし、事....... [続きを読む]

受信: 2007年8月 1日 (水) 23時16分

» 【お題】護憲第三極政党成立のために必要なことは何でしょう? [「猫の教室」 平和のために小さな声を集めよう]
さて、月曜日の「お題」で、「2大政党制の是非」を論じました。まだご意見のある方は、どうぞそちらへの書き込みを続けてください(各「お題」へのコメントはあくまでもそのエントリーにつけてください。こちらが混乱しますので)。 「2大正当性への是非」については、..... [続きを読む]

受信: 2007年8月 2日 (木) 10時37分

» こんなんだからマスコミは信じられない。320人しか立候補者がいないのに350人当選できるのか? [タダのブログ:ネット内外からいろいろと]
ネットサーフィンしてて驚いた。民主党の立候補者数は330 なのに、マスコミ各誌は、民主350議席!圧勝とうたっている。 うーん、20人の幽霊立候補者でもいるのかしらね?(笑) この報道の背景を調べてみると、どうやら、共同通信の計算によるものらしい。そのニュースから一... [続きを読む]

受信: 2009年8月30日 (日) 13時10分

« すべては選挙制度から | トップページ | 言論の自由の復活 »