« のがすなチャンスを | トップページ | 親方は日の丸に限る »

2007年8月21日 (火)

佐藤正久氏を擁護してみるが

暦の上では秋とは言え、まだまだ暑い日が続いています。ブログを始めて2か月の間、一日も欠かさずに更新していましたが、あまりの暑さでとうとう私の脳も溶けてしまい、10日ほど休んでいました。

というのは少し大げさですが、パソコンを立ち上げるとオーバーヒートしそうなくらい熱くなるので、更新を止めていました。その間もアクセスして下さった皆様、トラックバックして下さった皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

当然のことですが、私のブログが止まっている間もニュースはいろいろありました。その中の一つが先月の参議院選挙で当選した元自衛隊員の佐藤正久氏の発言に関するものです。
8月16日の毎日新聞から引用します。


元陸上自衛隊イラク先遣隊長の佐藤正久参院議員が、派遣先のイラクで他国軍隊が攻撃を受けた場合、駆け付けて援護する「駆け付け警護」を行う考えだったことを表明したことに対し、弁護士ら約150人(呼びかけ人代表・中山武敏弁護士)が16日、「違憲」と公開質問状を送った。

佐藤氏は10日に放映されたTBSのニュース番組で、当時イラクで指揮官として「駆け付け警護」を行うつもりだったことを明言し、「日本の法律で裁かれるのであれば喜んで裁かれてやろうと」と発言した。「駆け付け警護」は、正当防衛を超えるとして憲法解釈で認められていない。

質問状は「違憲、違法なもので、シビリアンコントロールに反する」として、7項目について今月中の回答を求め、安倍晋三首相にも佐藤氏に辞職勧告するよう要望書を送った。佐藤氏の事務所は「現場に行って法的不備があると感じての発言。質問状は届いていないが精査する」と話した。
[毎日新聞 2007年8月16日]

(関連する記事として、本日の読売新聞の社説を紹介しておきます。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070820ig90.htm


誤解を恐れずに言えば、佐藤氏の気持ちは分からないでもありません。自衛隊が派遣されたのが「いわゆる非戦闘地域」とはいえ、何が起こるか分かりません。一緒に活動している他国の軍隊が攻撃される、という可能性はあるわけです。
もしそういう事態になっても、ただ見ていることしかできないとすれば、「それでいいのか」と考えるのは普通のことだと思います。

ただ、自衛隊は憲法上活動が制限されることを承知でイラクに派遣されました。
ですから気持ちは理解できるとしても、佐藤氏の発言自体を擁護することはできません。
今回の佐藤氏の間違いは「駆け付け警護」を考えていたことというよりも、考えていたことを(正直に?)言ってしまったことでしょう。
(次に述べる解釈合憲の動きと関連があっての発言かもしれませんが。)

毎日新聞の記事にあったように、「駆け付け警護」は現在では憲法解釈で認められていません。
しかし、安倍首相は大好きな「第三者機関」を設置して、「駆け付け警護」などの集団的自衛権を解釈によって合憲にしようとしています。
そもそも、解釈によって同じ行動が合憲にも違憲にも変わるものでしょうか。
改憲してこそ合憲になるはずです。

私は自衛隊を派遣する際に、活動に制限を加えることに無理があると思います。軍隊が戦場に行くのですから、何でもありなのです。
それよりも、シビリアンコントロールという観点から、派遣の際に明確な基準を設けておくべきだと考えます。(いろいろあると思いますが、たとえば国連としての活動であればOKなど)

せっかく自衛隊を派遣するならば、しっかり活躍していただきましょう。そのためにも、現場の隊員がいちいち憲法問題を考えないで、のびのびと活動できるようにした方が良いでしょう。

ただ、私の考える基準では、自衛隊はイラクには行けませんが。


佐藤正久氏関連の記事
組織選挙の行く末は

人気blogランキングへ
最後までお読みいただきありがとうございます。
よろしければクリックお願いします。

|

« のがすなチャンスを | トップページ | 親方は日の丸に限る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。はじめまして?ですよね。
今後ともよろしくお願いします。
議員としての発言で、議員の資格はないと思いますが、基本的には事実の吐露でしょうね。佐藤の発言を深く真摯に受け止め、即撤退しかないでしょう。さらに発言を根本まで掘り下げ考えるなら自衛隊「軍隊」の解散をすべし、と思ってます。

投稿: dr.stonefly | 2007年8月21日 (火) 17時20分

dr.stonefly様

はじめまして、コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
佐藤氏の発言は文字通り「それを言っちゃおしまいよ」というものですね。
口が軽すぎますし、軍隊の怖さを自らが理解していない恐ろしさを感じます。

投稿: もそもそ | 2007年8月22日 (水) 07時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/16188759

この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤正久氏を擁護してみるが:

» 政治家になっての最初の仕事が「憲法違反」発言かぁ ・・;やれやれだぜ。 [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← に参加中! 読んだついでにポチっとヨロシクです。 集団的自衛権に関する政府の有識者会合はPKO(国連平和維持活動)を行う自衛隊に対して、憲法上できないとしてきた「駆けつけ警護」を認める... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 16時41分

» 今日から新学期♪ [わたしの心のものさしで]
塾の生徒の中には、今日から新学期って子もいますよ。 「やっべぇ、やっべぇ!遊んでばぁおったけぇ頭が働かん!」とか言ってました。 「だめでしょ!」と言ってるはぴねすも、実はエラそうに言える立場じゃありませ... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 16時59分

» 3人とも辞めちまえ! [Saudadeな日々]
北極の氷がドンドン解ける。。。 パソコン部屋あづい (;´Д`) カラダも溶ける。。。 更新をサボってる間にも、次々と目まぐるしく世の中は動いている。 コイケ防衛大臣と塩崎官房長官のサヤ当てで紛糾してた防衛次官の人事。 守屋次官の往生際の悪さもひどいけど、じっと..... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 19時22分

» いろんなニュース10 [言ノ葉工房]
みなさま、残りの夏休みはどこかへ行きますか?私は行きません。ではこのニュースから。 安倍首相 「カメラ目線」やめ、「対話スタイル」へ 8月17日10時16分配信 毎日新聞  安倍晋三首相が首相官邸で記者団のインタビ... [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 20時35分

» 【緊急】国民生活センターが充実と縮小/パブコメ〆切 [津久井進の弁護士ノート]
 〆切が近づくまでなかなかエンジンが始動しないのが私の悪いところですが,本日(8/22)〆切のパブリック・コメントは重要です。  「国民生活センターの在り方等に関する検討会」中間報告 に対するパブリック・... [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 07時37分

» 佐藤正久氏への公開質問状(転載) [喜八ログ]
弁護士ら約150人が「ヒゲの隊長」こと佐藤正久参議院議員に送った「公開質問状」を、杉浦ひとみ弁護士のブログから転載させていただきます。(※杉浦ひとみさんのブログには他に「小泉純一郎氏への公開質問状」と「安倍晋三氏への要望書」が掲載されています)... [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 20時50分

« のがすなチャンスを | トップページ | 親方は日の丸に限る »