« 動けば変わる。 | トップページ | 人権をケチろう »

2007年7月 8日 (日)

弱者は死ねという社会

私も半世紀近くこの国で生きてきました。そこそこ日本の政治の流れも知っているつもりです。小泉政権以降、明らかに嫌な方向へ進んでいますね。よくいう言葉ですが、「昔はこんなではなかった。」
これが実感です。

以前の記事 値下げが怖い? で少し書きましたが、私は大学に入学して1~2か月後に帰宅する電車の中で、パニック障害のような症状になって以来、引きこもりがちの生活になりました。(精神病というほどではなくとも、多少障害があったのかもしれません。)
その後就職してからも長続きしないことが多く、何度か職場を変わりました。
ただ、何処も特別な理由があって辞めたというよりも、職場の雰囲気や人間関係が嫌になってきたり、飽きてきたりして辞めました。

まあ、私が我儘だということですが、子供の頃から組織というものに、なじみにくかった気がします。
高校時代は、いわゆる進学校というところでしたが、どこかよそよそしい雰囲気で、あまり楽しくなかったですね。自分自身が勝手に楽しめば良かったのでしょうが、周りに流されやすい性格のためか、難しかったです。
今となって思えば、早いうちに何か職人のようなものを目指せば良かったかな、などと思っています。

そうこうするうちに、私自身が年をとり、日本の経済もバブル崩壊後は景気が良くないので、思うような就職もできず、失業していることも多かったわけです。
一般的な評価でいえば、私は社会的な敗者であり、ダメなやつ、ということになりそうです。

そんな私が、ここまで何とか生きてこられたのは、両親のおかげです。両親ともまだ健在ですので、ここまで甘えられたと思います。そして、私の行動に関して、何も言わずに見ていてくれました。いろいろと思うところはあったと思います。ただ、私にとっては有難かったです。ひたすら、感謝するばかりです。

甘い親だという見方はあるでしょう。子供にはもっと厳しくしろ、ということも言えると思います。ただ、私の場合を振り返ってみますと、失敗した際に厳しい言葉を言われていたら、どこかで絶望していたかもしれません。
甘さと厳しさ、どちらが正解だったか今では分かりませんが、おそらく、どちらか一方だけが正解ということではないのでしょう。

世の中には、二者択一でどちらかだけが正解というものは、少ないと思います。
また、正解かどうかに対する評価も難しいものです。
ほとんどの場合、二者択一ではなくその間には、かなり広い幅があります。
甘さと厳しさ、両者を時・場面・人などの条件により、さまざまな程度で組み合わせて適用する、柔軟性のある社会が良い社会なのではないでしょうか。

今の日本の政治は、弱者にとってますます厳しいものになっています。
弱者向けの予算が切り捨てられるだけでなく、何でも自由競争が良いこととされています。自由競争では、強者が勝ち続けます。

弱者には身体的弱者だけでなく、精神的、経済的など目に見えにくいさまざまな弱者がいます。
そういった人たちが絶望しないで生きていける日本になるように、政治を変えていかなければなりません。

|

« 動けば変わる。 | トップページ | 人権をケチろう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

7/21渋谷で聞いてたけど安部総理も若いけど頑張ってんだからちょっとは多目に見ろよ
国民が選んだ人なんだからみんなで支えないでどうする

投稿: あ | 2007年7月22日 (日) 17時32分

あ様

こんにちは。
私の考えでは、一国の総理に対して若いから云々というのは、却って本人に失礼のような気がします。あくまで私見ですが。
コメントありがとうございました。

投稿: もそもそ | 2007年7月22日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15687468

この記事へのトラックバック一覧です: 弱者は死ねという社会:

» ネオリベのせいでしょ [言ノ葉工房]
みなさま、搾取された挙げ句の景気拡大を歓迎しますか? 日本の「富裕層」、147万人に…金融資産100万ドル超 7月7日20時10分配信 読売新聞  100万ドル(約1億2300万円)以上の金融資産を持つ日本国内の... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 08時14分

» 軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない(その2) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) 先日のエントリー、「軍備増強での安全確保を唱える人は、どこまで増強したら完璧なのか、誰一人として具体的に私たちを安心させてくれない」では、 *どん... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 12時51分

» 小泉以降安倍政権にNO!を それが2年前の9・11郵政選挙以降の日本人のケジメの付け方だ! [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← 多くの人に安倍内閣にNO!の意味を伝える為にも、ご協力を^^ 7月29日の参院選まであと3週間です。 政権与党にNO!の結果、それも大差の結果が出るまでガンバロー! ブログとリアルその差はど... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 16時53分

» 赤城農水相も、そして北海道では参院選立候補予定の伊達忠一氏(自民党)の長男が酒気帯び運転で [黄昏石狩日記]
実体ない事務所費計上~ 実家に8年で7600万円!! 安倍総理、真面目に選んでますか?^^;  次から次と、明るみに出ますね 議員さん、皆さんが当然のようにこういうことをなさっているのかな{/!?/} 年金も散々無駄遣いされ(グリーンピアなど)&nbs...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 21時17分

» 安倍総理、北海道新聞のインタビューに答える [黄昏石狩日記]
安倍晋三首相(自民党総裁)は九日午前、党本部で北海道新聞などのインタビューに答え、赤城徳彦農水相の事務所費問題に絡み、野党が赤城氏の政治団体の事務所費に関する領収書開示を求めていることについて、「政治資金のルールはみんなで決め、そのルールでやってい...... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 23時01分

« 動けば変わる。 | トップページ | 人権をケチろう »