« 国が見殺しにする範囲 | トップページ | 「美しい国」のモデル »

2007年7月 4日 (水)

見た目で勝負

この頃ニュースを見ていて、おかしいと思うことがあります。それは、加害者や被害者の写真のことです。
年齢が20代や30代にもかかわらず、写真は高校時代の制服を着ている、ということがあります。卒業アルバムなどから借りたのでしょうが、本人の写真なら何でも良いわけではないでしょう。

2000年に新潟県柏崎市で、9年2か月にわたる少女監禁事件が発覚しました。犯人は当時37歳でしたが、ニュースなどで使われた写真は高校時代と思われるものでした。
ニュースの画面に犯人の写真が欲しいのは分かりますが、これはかなり違和感がありました。

話変わって、政治の世界ではこんなことがありました。
2005年のいわゆる郵政選挙の際、自民党は小泉首相の顔をポスターに使いました。その写真は、2001年の参議院選挙の際のものだそうです。
その理由は当時の武部幹事長によると、改革を継続するという意気込みを表わすものだそうです。

経歴詐称が発覚した場合は、辞職を勧告されることが多いようです。
では、外見を誤魔化した場合は問題にならないのでしょうか。
写真の修整くらいはOKでしょうが、昔の写真はどうなのでしょうか。
10年、20年前のものでも使えるのでしょうか?

どうせ中身は同じなのだから、見た目が良い方がいいとも言えますが。

久間防衛大臣から小池防衛大臣へ。
いよいよ、安倍内閣も見た目で勝負ですか。

|

« 国が見殺しにする範囲 | トップページ | 「美しい国」のモデル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党の武部前幹事長、中川現幹事長、民主党の小沢党首に共通すること ― 人相が悪すぎる(笑)

むかし、某映画監督が言っていた、「日本の男なら誰でも、二等兵と暴力団のチンピラの役ができる!」

チンピラよりも、親分が似合いそうな政治家が多いなあ。

投稿: 隠居老人 | 2007年7月 8日 (日) 16時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15646428

この記事へのトラックバック一覧です: 見た目で勝負:

» 選挙民である国民にもある任命責任 [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← より多くの人に伝える為にクリックのご協力を♪ 政治ブログランキングでお陰様で今現在19位です。有難うございます。 おバカのQの久魔・元防衛大臣が放った「しょうがないな」は九州弁だったらし... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 23時44分

« 国が見殺しにする範囲 | トップページ | 「美しい国」のモデル »