« 対応に問題はなかった? | トップページ | 野党批判に意味はあるのか »

2007年7月13日 (金)

言語明瞭なれど意味不明

政治家は語る言葉がすべてである、という人がいます。確かに自分の考えを多くの人に伝え、支持を拡大していくことは必要です。演説も上手い方がいいでしょう。
ただ、実際どうでしょうか。全くの新人候補者ならばその通りかもしれませんが、既にキャリアのある政治家は言葉よりも実績で評価したい、というのが私の考え方です。

参議院選挙が始まり、安倍首相は「成長か逆行か」「改革か逆行か」などと言っているようです。
つまり、「成長」「改革」が彼の政策であり、それに「逆行」するのが野党の政策ということです。
一つの問題は、その言葉が真実かどうかということです。これは野党が政権を握り、しばらく時間が経たないと答えは出ないでしょう。

もう一つの問題は、彼のいう「成長」「改革」がどういうことを指しているか、ということです。一般に「成長」「改革」というと、どこかプラスイメージがありますが、彼が言う「成長」「改革」とは、何か。
それは、今までの政策から判断出来ると思います。
もちろん、賛否は人それぞれだと思います。
ただ、私は安倍総理の目指す「成長」「改革」に反対ですので、現政権に批判的な立場にいるわけです。

現政権については、選挙戦で何を言うかではなく、これまでの政策で評価すれば良いわけです。
また、野党に関しても、基本的には同じです。今までの行動で評価できますから。現状の政党は、それほど劇的には変わりません。
つまり、選挙中の言葉には大した意味はない。実績もしくは、悪行で評価していきましょう。

最後に、言葉に関連して、本日7月13日の読売新聞の社説を少しだけ取り上げます。内容に関しては、安倍総理が主張していることと変わらないので、取り上げません。冒頭部分だけを少し。

骨太の国家戦略を論じあえ

社会保障制度の確立、日本の平和と安全の確保、財政の健全化。我が国は、大きな転換期にあって、極めて多様かつ困難な課題に直面している。

参院選が12日公示された。

少子高齢化、人口減のもと、年金をはじめとする社会保障システムをどう確立していくのか。日本の安全保障環境の悪化にどう対処するか。消費税問題も含め税財政改革をどう進めるのか。

内外に目を向け、国家運営や国民生活の基本問題について、各政党や候補者は明確な考えを提示し、骨太の論戦を展開していかねばならない。

内容に関しては、とやかく言いません。
でも、読売新聞に質問があります。

「骨太の国家戦略」とは何でしょうか?
「骨太の論戦」とは、どういうものですか?

人気blogランキングへ
よろしければクリックお願いします。

|

« 対応に問題はなかった? | トップページ | 野党批判に意味はあるのか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15744039

この記事へのトラックバック一覧です: 言語明瞭なれど意味不明:

» ブログと政治 【2】 [選挙に行こう] [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← 参院選終了時までブログ記事上部貼り付けでランキング参戦中 参院選は7月29日です。戦後最大の意義ある選挙に参加しよう! ↓参院選の判断の為にも現政権の評価を調べてみよう 昨日の ブログ... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 23時07分

» なぜオウム返し「法律に則って」を許すのか? [ツァラトゥストラはこう言っている?]
「きっこの日記」から引用 ■2007/07/13 (金) アベ内閣にスキャンダル3連発! 親にまで大ウソをつかせて海外逃亡した恥知らず、赤城徳彦農水相に続いて、今度は、小池百合子防衛相、長勢甚遠法相、甘利明経産相の以下のスキャンダルがスクープされます。 「週刊現代」7月28日号 ◆小池百合子とテロリストとの親密関係−国防トップの資格などない! 「週刊ポスト」7月27日号 ◆長勢甚遠法相も「年金〈保険料〉献金」を受けていた! ◆赤城徳彦農水相に続き、今度は甘利明経産相に「4千万円事務所費... [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 02時49分

» 雨ニモ当テズ 風ニモ当テズ [津久井進の弁護士ノート]
雨ニモアテズ 雨にもあてず 風にもあてず 雪にも 夏の暑さにもあてず ぶよぶよの体に たくさん着こみ 意欲もなく 体力もなく いつもぶつぶつ 不満をいっている 毎日塾に追われ テレビに吸いついていて ... [続きを読む]

受信: 2007年7月14日 (土) 06時59分

« 対応に問題はなかった? | トップページ | 野党批判に意味はあるのか »