« 限りなき欲望の国 | トップページ | 見た目で勝負 »

2007年7月 3日 (火)

国が見殺しにする範囲

私が子供の頃には、浮浪者とか乞食とか呼ばれる人たちがいました。彼らは住所不定で、ごみ箱をあさったり、時には家の中にまで物乞いをしに来ました。かなり怖かった記憶があります。しかし、そういう人々も経済の成長とともに見かけなくなりました。
その後、バブル経済が崩壊した頃から、公園や川の土手などにブルーシートがちらほら現れます。ホームレスの出現です。

小泉前政権と現在の安倍政権は、成長路線を目指しています。そして、日本の景気は良いそうです。しかし、ホームレスの数はずっと安定しているようです。
これは、景気の上昇がホームレスにまで行き届いていないか、成長自体していないか、のどちらかだと思います。

私は、ホームレスの人たちにも、国が住居と衛生的な環境と生活費を与えるべきだと思います。もちろん、それは最低限のものになりますが。
「ホームレスの人は、怠け者でやる気がないのだから自己責任だ」という声もよく聞きます。
だからと言って、犬のような扱いで良いのでしょうか。
ホームレスはともかくとして、次のような場合はどうでしょうか。

例えば、住居はあるがお金のない病人の場合です。今は健康保険に加入していても、窓口で3割負担です。そのため病院に行かない(行けない)病人が、かなりの数いるそうです。
私が子供のころは、加入者本人は無料で、その家族は1割の負担だったと記憶しています。
無料なら誰でも病院に行けますが、3割の負担は人によっては大きいでしょう。

昔のように無料にしろ、というわけではありませんが、国がどういう人にどれだけの面倒をみるかは、その国の政権の政治姿勢や政治理念が表われていると思います。
言い換えると、国が見殺しにする国民の範囲を示しているかもしれません。

民間の企業ならお金を払わない人は、お客ではないです。
しかし、国の場合は、お金を持っていなくても国民です。
国民に対して、命にかかわるような最低限の生活保障くらいは、する義務があるはずです。

成長路線もいいですけど、多くの国民が見殺しにされるのでは、それは本末転倒でしょう。

|

« 限りなき欲望の国 | トップページ | 見た目で勝負 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ホームレスの人達の多くは、意図的に、公共の場所を占拠しています。日本には、生活保護とか様々な、最低限の生活を保障する法律があります。不幸にもその施策を知らない人も、混ざっていますが、ほとんどの人達は、日本の現状を貶める目的に、利用されている人達でしょう。私は、70年代の学生運動に少しばかり関わったものですが、貧乏、悲惨な生活を粋がる傾向がありました。ホームレスと呼ばれる人達にはそんな匂いがします。

投稿: 吉岡 | 2007年7月 3日 (火) 18時09分

吉岡様

こんにちは。コメントありがとうございます。
ホームレスにもいろいろな人がいると思います。ただ、国や自治体が不法占拠を黙認しているわけですね。強制退去という表現は悪いですが、やはり公が住居を提供する方が、防犯上も衛生的にも良いと思うのですが。
今でも施設はあるようですが、なるべく早く出て行かせるようなものらしいです。効果的でない対策では、もったいないですね。

投稿: もそもそ | 2007年7月 4日 (水) 09時00分

生活保護について、あまり現状を知らないコメントがあったので一言。生活保護を受けるための「条件」は以下の通り。

1)預貯金や不動産などの財産がまったくない。
2)親族に助ける力のある者が一人もいない。
3)本人に職がなく、今後の収入も見込めない。
4)住民票に記載された場所に居住していること。

つまりホームレスは、(4)を満たさないから生活保護受給資格に欠けることになる。

投稿: 隠居老人 | 2007年7月 8日 (日) 16時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15634518

この記事へのトラックバック一覧です: 国が見殺しにする範囲:

» 参院選前に参考にしよう!【安倍内閣・問題点】まとめ集 [らんきーブログ]
人気ブログランキング ← より多くの人に伝える為にクリックのご協力を♪ 自公政権に騙されない人を増やしていく為にもヨロシクです^^ 参院選まであと26日。これからネットで調べる人も増えていく事でしょう。 準備は... [続きを読む]

受信: 2007年7月 3日 (火) 23時45分

» 夜明け前~安倍総理の夢って何だろう? [はじめの一歩]
(ココログへ移動しましたが,Exciteブロガー(なぜかココログにも通らないので)へのTB用にこちらにもアップします) 久間大臣が辞任し,ほんの一月前に亡くなった松岡氏に思いを馳せました.「ナントカ還元水」発言が,緑資源機構の問題が,選挙直前だったら,彼はまだ生きていることができたのでしょうか. 夕べ,言葉のことを考えていた時から,頭の中でグルグル回っていた数十年前の懐かしい歌のフレーズを書いて,今日は寝ます.明日も早い.どれ程 目をこらしたなら 明日が見えるのだろ 僕にもわからないけど 信じ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 01時15分

» 「誰もが運命のいたずらで仕事や住居を失って明日ホームレスになるかもしれないという思いのもとに」(2) (貧困と闘う、フランスのある社会運動) [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(1)からの続きです。 1985年秋、コリューシュが自分のラジオ番組で「心のレストラン」の活動の呼びかけをおこない、コリューシュを手伝うための仲間が集まり始め、ラジオ聴取者からの寄付の小切手が届き始め、手作りの活... [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 01時48分

« 限りなき欲望の国 | トップページ | 見た目で勝負 »