« 政治をあきらめるな | トップページ | 弱者は死ねという社会 »

2007年7月 7日 (土)

動けば変わる。

「参議院選挙は、政権選択の選挙ではない。」という声があります。
また、安倍首相は、参議院選挙の結果を受けた責任問題については「戦いの前に負けることを前提に話をする気はない」として、言及を避けています。
安倍氏自身が選挙後にも総理の座にしがみつくのは勝手ですが、周囲が黙っていないでしょう。

自公で過半数を割れば、参議院では得意の強行採決をするわけにもいかず、法案も通らなくなります。そこで、連立の組み替えなども考えられます。
また、選挙で負けるような党首をいつまでも担いでいるような自民党ではありません。党内の安倍降ろしの勢いは増すでしょう。

ということで、来る7月29日の参議院選挙は、日本の政治が動くきっかけになるかもしれません。
その選挙で、私は比例区は天木直人氏、東京選挙区では川田龍平氏を応援するつもりです。

川田氏が7月6日マニフェストを発表しました。

川田龍平を応援する会
http://www.ryuheikawada.jp/manifest.shtml

彼のこれまでの人生や、マニフェストとは関係なく(もちろんそれも大切なことですが)、彼の語るこの言葉には非常に重みがあると思います。

多くの人々と出会ってわかったことがある。

いのち・人権・平和・環境を大切にする
社会と政治があって
はじめて楽しく
生きられるんだということ。

しかし
現実はどうだろうか‥

今の日本の政治に疑問を抱き、憲法を守り、弱者の立場に立って、政治を行う。
そんな候補者が、一人でも多く当選してほしいと思っています。

そのためには、我々もただ傍観者になっているのではなく、一人一人が行動することが大切です。

「動けば変わる。」

川田龍平を応援しています

|

« 政治をあきらめるな | トップページ | 弱者は死ねという社会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

***川田さんの歌を作りました***

初めまして。趣味で歌を作っている者です。

「がんばれ川田龍平」

http://www.geocities.jp/onken_music6/

よかったら、聞いてみてください。

投稿: ごろんぴー | 2007年7月15日 (日) 00時53分

ごろんぴー様

はじめまして。趣味で歌ですか、楽しそうですね。
大変素敵な歌を拝聴致しました。ありがとうございます。
よろしければ、ぜひまたお越し下さい。

投稿: もそもそ | 2007年7月16日 (月) 14時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15678395

この記事へのトラックバック一覧です: 動けば変わる。:

» 歴史の試練にたえた民主主義の基本原理に立ち戻ることの大切さ [村野瀬玲奈の秘書課広報室]
(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。) あまりにも当たり前すぎてあえて繰り返すまでもないことだけを毎日書き散らしているだけのような気がしてたいへん恥ずかしい日々。それでも、今の自公チュ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 14時34分

» 身近なところから一歩ずつ [はじめの一歩]
(ココログへ移動しましたが,Exciteブロガー(なぜかココログにも通らないので)へのTB用にこちらにもアップします) 身近なところから一歩ずつ,というのをずっとサブタイトルにしてブログを書いています.手抜きだなぁと思いつつ,でもやっぱり身近なところとちゃんとつながっていないとしっくり来ない気がします.頑張ってブログ更新するのもいいんだけど,そこで得たものを自分のすぐ身近なところ,具体的には家族だったり会社の同僚だったりに何かしら働きかけられるといいなと思っています. 前にも触れたことがあったけど,... [続きを読む]

受信: 2007年7月 7日 (土) 21時05分

» 混乱続く世界情勢のなか 真っ先に沈没する日本の現状 (インターネット行政新聞,2007-07-06) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
7月4日に紹介した長州新聞は言わずと知れた左ウィングでも難攻不落を誇る民衆の砦であるが,今日は右ウィングからインターネット行政新聞の最新評論をご紹介しよう.インターネット行政新聞は埼玉県川越市をベースとする地元に密着したローカル紙で住民の立場から行政を批判する切れ味のよい評論で知られている.近年になってインターネットという大海原に出てからは,有力ブロガーからもしばしば引用されるような枢要なポジションを占めるようになった.今回の記事でも翌日には《国際戦略コラム》に一部パラグラフの引用が現れている.この... [続きを読む]

受信: 2007年7月 8日 (日) 12時41分

» 身辺雑記(5):公園で猫ちゃんと過ごした星も見えない七夕の夜 [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
コンビニのレジは一見してこんな子に店番できるのという感じの女の子一人だったが,「温かいものと冷たいものを一緒にしてもいいですか?」という予期せぬ質問で私を驚かせた.私は「かまわないよ」と返答したがソーセージとフライドチキンは個包装になっていて,その他に小さい小袋のようなものが付いていた.見ると芥子とケチャップの入った小さな容器だった.これも想定していなかったので,私はかなり感激した.総じて私は星祭りを祝うこの晩の小パーティのシチュエーションに満足を感じていた.私の目の前の小さな蜘蛛は巣から降りるとそ... [続きを読む]

受信: 2007年7月 9日 (月) 16時36分

» 人質に取られ壊滅しつつあるアメリカ経済:米国経済は人工的生命維持装置の上にある(リチャード・クック) [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
Global Research のレギュラーライタ,リチャード・クックの最新論文 "The Crashing U.S. Economy Held Hostage : Our Economy is on an Artificial Life-support System" を全訳した.米国連邦準備制度に代表される中央銀行システムが世界の諸矛盾の根源であり,戦争と貧困の最大の原因であることが次第に理解されるようになってきた.すでに共和党の大統領候補の一人であるロン・ポールは「連邦準備制度の廃絶」を公約と... [続きを読む]

受信: 2007年7月13日 (金) 13時43分

« 政治をあきらめるな | トップページ | 弱者は死ねという社会 »