« ニュースを疑う習性 | トップページ | 政権与党であることの重さ »

2007年7月16日 (月)

不徳の致すところ

週末の台風に続いて、今日は新潟や長野で震度6の地震がありました。被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。
それにしても大変な天災が続きました。人類の長い歴史の間には、このような天災が起こるのは、為政者に徳がないからだ、とされた時代がありました。

そういう意味において、安倍総理は現代の日本人のやさしさに感謝すべきかもしれません。
それでも、あまりにも不人気の総理をいつまでもそのままにしておくのは、どこか不吉な気もします。非科学的ですが。

安倍氏は、最近テレビによく出ています。イメージアップを図りたかったのでしょう。
しかし、最近の調査では、効果は全くないようです。それどころか逆効果になっているようです。発言の内容が自画自賛と言い訳がほとんどで、消費税を上げるか上げないかはっきり言わないなど、テレビに出演する意味がよく分かりません。

今回の参議院選挙に関しては、何かの不正でもない限り、与党が過半数を占めることはないでしょう。
こういう状況だからこそ、今後の野党のために一つ注文をしておきます。

各野党のマニフェストを一通り見ましたが、情報公開に関してほとんど何も書いていません。
今でも個人で情報公開に頑張っている議員の方はいるようです。ただ、党として積極的に情報公開を言わないのは、なぜでしょうか。

私は、この点こそ現政権の弱点だと考えています。正しい情報が公開されなければ、正しい解決策などできるわけがありません。現政権は隠せるだけ隠します。そして小手先の解決策で誤魔化してきました。それも行き詰まりつつあり、国民も気づき始めました。

野党も少しでも早く幅広い情報公開を叫ばないと、また郵政選挙のときの小泉純一郎氏のような人物が詐欺的な情報公開を叫んで選挙に打って出て、情報公開の抵抗勢力にされてしまいますよ。
今の自公政権は政権の座に居座るためなら何でもしますから。

徳がなくても総理を務められるようですし。

人気blogランキングへ
よろしければクリックお願いします。

|

« ニュースを疑う習性 | トップページ | 政権与党であることの重さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
なるほど,そうだったのか!
地震の原因は,ナマズではなく,
「為政者の不徳」ですか。
うなずきたくなりますね。本当に。

ただ,地震の後に起きる,被害,二次被害,生活の困窮は,
確実に失政によりもたらされるものです。

ですから,為政者の不徳,というのは当たっていると思います。

投稿: つくい | 2007年7月16日 (月) 15時51分

おはようございます。トラックバック有難うございます。今回の地震でも、古い家屋に住んでいるお年寄りの被害が甚大で、気の毒で堪りません。

投稿: タマ | 2007年7月17日 (火) 09時56分

つくい様

こんにちは。いつもブログを拝見して、勉強させていただいております。
私も天災が安倍首相のせいだとは思いませんが、今後の対策は、彼に全責任があるといっても過言ではないと思います。選挙後が心配ですね。
コメントありがとうございました。

投稿: もそもそ | 2007年7月17日 (火) 13時50分

タマ様

こんにちは。いつもトラックバックありがとうございます。
災害の度に、地方・お年寄り・弱者が犠牲になり、この国の政治の暗部を見るようです。
せめて十分な支援をと祈るばかりです。
コメントありがとうございました。

投稿: もそもそ | 2007年7月17日 (火) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15775890

この記事へのトラックバック一覧です: 不徳の致すところ:

» 災害対策の具体的公約を挙げてもらいたい [津久井進の弁護士ノート]
今朝,新潟県と長野県で,震度6強の地震が起きた。 現時点(7月16日午前11時50分)では,人的被害のニュースが入ってきていないが,揺れが大きいだけに心配だ。 最小限の被害で止まることを祈りたい。 ※現在7... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 15時52分

» のんびり田舎暮らしの主婦でも分かる矛盾 [黄昏石狩日記]
ブログタイトルの横に「新自由主義」に疑問を持つ主婦と書きましたが、政治に興味を持って日が浅いですから、それなりに調べて書いてみます。 地方に住んでいると、地方の悲鳴が聞こえてきて、明らかに小泉政権が推し進めて、安倍政権が継承してきた「新自由主義」の...... [続きを読む]

受信: 2007年7月16日 (月) 16時56分

» 地震という天災、政治という人災 備えあれば憂いなし  [らんきーブログ]
人気ブログランキング 新潟・長野で震度6の地震が起きました。被災した方々にお見舞い申し上げます。 まだ状況はわからないですが、柏崎原発で火災発生中だとか、物騒な事にもなっているようです。震度6といえばかなりの揺... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 00時42分

» 新潟県中越沖地震 [しっとう?岩田亜矢那]
「天災は忘れた頃にやって来る」 なんて言うが、前回の中越地震の恐怖が薄れぬままに 再び烈震に襲われた新潟の方々、心よりお見舞い申し上げます。 能登半島地震、更には43年前の新潟地震と、この地域は地震の多発地帯 地震の巣とも言える場所である。 そんな地域にポンポンと原子力発電所を建設する日本の電力会社の見識を疑わざるえない。 黒い煙が上がっている柏崎刈羽原発の空撮映像をみて、 チェルノブイリを思い起こしてしまった方も多かったのではなかろうか? 放射能を含んだ水を海に漏らしてしまったのにも関わらず ... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 11時55分

« ニュースを疑う習性 | トップページ | 政権与党であることの重さ »