« 自分の立場は自分で | トップページ | 舛添氏への刺客か? »

2007年6月18日 (月)

小さな数字でごまかそう

年金問題が相変わらず盛り上がっています。
昨日はテレビに自民党の大村議員と民主党の長妻議員が出ていました。その一部で大村議員は民主党の数字は誇大だとして、被害の数字を小さく見せようとしていました。
このときの数字は、あくまで推測のものなので、大きく言おうと小さく言おうと現実は変わりません。

政府や自民党が年金問題の被害を小さく見せようとするのは、ある意味で当然です。ただ、このような姿勢は年金問題だけではないでしょう。

最近は景気が良いらしく(本当か?)失業率が低下傾向だそうです。失業率は毎月発表されています。
しかしここで重要なことは、正確に言うと発表されているのは完全失業率である、ということです。

私が会社を辞めたとします。この時点では私は単なる失業者です。その後ハローワークへ行き、必要な手続きを経て、完全失業者となります。
完全失業者と認められるためには、失業し、ハローワークへ行き、職を探している、以上の3点セットが必要なわけです。
この完全失業者になって初めて、完全失業率の一部としてカウントされるわけです。

つまり、ニートやフリーターはもちろん、失業していてもハローワークに行かない人は、完全失業率には含まれていない、ということです。

完全失業率とは、失業者の実態を反映していない、一部だけを取り上げた数値とも言えるでしょう。ですから、一般の人が思うような意味での失業率よりは、かなり小さな値のはずです。

結果として、こういう数値を発表すれば、実際の悲惨な状況を覆い隠す効果はあるでしょう。
しかし、この数値に基づいて失業対策をしても、あまり効果は期待できないわけです。

数値を少なく見積もって現状を甘く見る。こういうことは、さまざまな場面でありますね。
この国の政策が的外れなのは、案外こんなことにも原因の一つがありそうです。

|

« 自分の立場は自分で | トップページ | 舛添氏への刺客か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
アベ政権を一文字で表現すると「冷血」、その通りですね。
殉職した警官の葬儀に行っても、名前さえ間違う男です。
国民の命のことなど興味の範囲外ということを自ら表明
する馬鹿ですしね。
失業率の概念はっきり把握していなかったが、完全とは
ハローワークに行かないと駄目な訳なのか。とすると、
会社辞めて7年ちょっと。直後の10ヶ月は1ヶ月に1回だ
け保険金を受領するためにハローワークに行ったが、その
間も求人表は一度も見なかったし、その後はハローワーク
には一度も何の登録もしていない私の場合は失業率の
範疇には入ってない訳ですな。なるほど。

投稿: kabumasa | 2007年6月19日 (火) 00時05分

kabumasa様

はじめまして。コメントありがとうございます。
kabumasa様の場合ですと、雇用保険の受給期間中だけ、完全失業者としてカウントされていた、と思います。その後は失業中でも役所が把握できないですから。
またぜひお立ち寄りください。よろしくお願いいたします。

投稿: もそもそ | 2007年6月19日 (火) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/215389/15478992

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな数字でごまかそう:

» 住民税増税とか年金とか [言ノ葉工房]
みなさま。還元されない 重税国家の住み心地はいかがですか? るかっちはいたたたたたたなブログへようこそ。 何かの間違いでは。。 住民税増で問い合わせ殺到 2007/06/16【共同通信】  「市役所の計算間違い... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 19時38分

» 情報か人か? 最後に信じられるものは人だと思いたい [らんきーブログ]
人気ブログランキング  ← より多くの人に伝えるためによかったらクリックのご協力を♪ 目指せ!ベスト10!! 参院選終了時までランキング参加中です!! ブログを書いていてよく思うこと。コメンターの方々はスゴイ... [続きを読む]

受信: 2007年6月18日 (月) 23時39分

« 自分の立場は自分で | トップページ | 舛添氏への刺客か? »